月が赤いぞ

月が赤い。
日照りの様相。

水を撒けばと考えるのですが、有効な潅水量は30mm位
この量は、坪当たり100L、1反歩(10a)で30tになる。
お風呂500杯に相当する。

灌水は、早めの対処が肝心で 水=延命と思います。
いずれ、撒く水も沢から消えて無くなる。
どこまで続くこの日照り。
スポンサーサイト

山の川岸で一服。

今朝の気温22、5℃。
連日暑い日が続いていますが、未だ熱帯夜にはなりません。
耳を澄ませば、山を下るせせらぎとせみの合唱それに山鳩の声。
山から下る出し風 実に心地いい。

雑草は引っこ抜くだけで枯れていきます。
茶の木には、雨が欲しくなってきました。夕立ちは、期待はずれです。
台風の雨は期待できないかなあ。

この春、作った縁台で涼んでみたいと思います。

日時 8月5日 午前9:00から午前中  小雨決行。
会場 栃沢山水園 野の小道脇 特設会場
参加 お席に限りがありますのでお電話をお願いします。(054-291-2219)
   参加費なし。


互評会とほいろあげ

27日、地区の自園茶グループ「お茶しま専科」が、
今年精算された荒茶を持ち寄り欠点や意図した出来になっているか
メンバーの眼(五感)を借りて意見を交換した。
 
製造工程に問題があるのか?この渋み。
生葉?、蒸し工程?、粗揉工程?、
一つづつ検証してみよう。課題だ。

場所を変えて
ほいろあげです。会計さんの計らいで
土用の丑の日だから、白焼きのうなぎをわさび醤油でとご配慮いただきました。
暑気払いになったかな?

今日も暑いぞ

朝4時起きで防除です。
来年の母枝となる茶の芽の生育期です。
天候、薬剤、茶の芽タイミングを見計らい、虫と病気から芽を守る大事な作業です。
30℃を越す炎天下での作業を避けて早朝、夕方の作業です。

夕立

ここ数日夕立陽気です。

午後になると雲が厚くなって、雷が鳴って、雨粒がポツリ。でお終い。
あさは、気温23℃と熱帯夜にはならないが寝苦しい夜だった。

施餓鬼会

菩提寺で施餓鬼会、役員だから・・・

改めて調べてみたいと思います。
六道輪廻の世界にある凡夫の中でも、死後に特に餓鬼道に堕ちた衆生のために食べ物を布施し、その霊を供養する儀礼を指す。と書いてあった。

余談だが、円爾は、施餓鬼棚に乗って甘露水を撒き疫病退散させたと 随分ひょうきんな事をしたものだ。と思う。

いろんな都合があって7月25日なんだろう
いいからげんじゃなくていいかげんがいいなあ。

来春に向けて

暑~い日差しを避けて、工場の通路を使い防霜用のネット加工を始めた。
丹念にこんよくコツコツと仕事するおじいちゃんの作業場です。

じぶんは、校長先生の宿題に苦戦しています。

梅雨の戻りか?

雨の日が続きます。
気温18℃ 梅雨の戻りかなあ。

土用ですから 暑い日が来るでしょう。
うなぎも食べてみたいですけど高嶺の花だとか

暑さに気をつけて野良仕事に

雨 読

中学からお電話をいただいた。
教職員研修として聖一国師と大川、近年の動きについて の説明依頼です。
国師の話は、ご生家にとお願いしたのですが・・・

時を置いてまたです。致し方ないのかなぁ。

そうなると改めてやり直さないと無理です。まずは、本読み。

四人会

ひやくしようが毎年持ち回りでのおしゃべり飲み会。
飲酒運転はいけません。だから1泊。

今回は、ホスト役。準備して片付けして・・・非常に疲れます。


お互い事情も加味しながら いいたい事言って 気持ちがスッキリしただろうか?
自己反省も含め頑張って生きたいところだ。

写真取る間もなく朝が来た。
それぞれの持ち場へ帰っていった。

お昼を食べて これから一休みしたい。枕が・・・。

今月3日、BSフジで放映された東福寺の映像が送られてきた。
18年に茶樹植樹の際置いてきた石碑が映っていた。ニコ。
それなりにその責務も感ずるのは・・・。

昨日は野良仕事を頑張りすぎて体調がイマイチ。
残り仕事を片付けて 夕立がありそうだ。

梅雨明け

あっつ! 34℃
寒暖計を見るだけで暑くなります。
急激な暑さには無理しない。日陰で水分を取って涼む。命があっての・・・。

明けて朝の気温は、21℃ 快適です。
今日も暑そう。早めに出来るだけ作業を進めよう。

あかとんぼ

畑に赤とんぼの姿を見られるようになった。
避暑に行く途中だろう。

現在気温20℃だが暑くなりそうだ。梅雨明けだろうか?

道普請

普段 車で通過するだけの道路を周辺の草刈ながら道に被さった木の枝も払っていく。
毎年恒例の町内行事です。

グループ分担しながらの作業です。
ガードレールの清掃もその1つです。
洗剤も使いながら水垢、藻、など丁寧に落としていきます。
都会では考えられないことかもしれません。

自分の暮らす地域を自らみんなで形づくる作業です。
にわか雨にふられてずぶ濡れです。

追い山

TVでの拝見です。
無事で何より。

また来年。

博多祇園山笠 追い山

9日、生家で水汲みの儀を済ませ、今朝博多承天寺へ向け出発。
明朝4:30からBSプレミアムで生中継。があるがどれほど扱われるかハテナ

早起きして見ますか?

家屋取り壊し

村の中から家が消えてゆく。
築80年。ここ15年位不在で空き家だたが追度取り壊しとなった。

子供の頃、同じような子供がいたり、村唯一の日用品の商店だったりでよく遊んだりお世話になった。
思い出は尽きない。

ドラフト

来年の新茶を収穫する為にその母枝を育てなければなりません。
出来るだけ健全なものをそろえてしかもコストを低く抑えなければなりません。

この時期、2茶の収穫が行われており、隣の畑の都合も考慮しなければなりません。
たとえ薬を撒きたいと思っても隣に収穫直前の芽がある限り撒けません。
撒けばドラフト(霧が飛散)してトラブルになり、厄介です。

でも、処置をしなければ病害虫が発生します。

新芽が育ち、雨が降れば炭素病が発生します。
厄介な事に病斑が発現するのに20日から30日後となります。
見えてきたときにはどうにもなりません。後の祭りです。

7日程毎日摘採の確認に通い待ちに待ってやっと処理できました。
ダメだろなぁ。気休めか?

おだっくいとしては・・・

博多祇園山笠に届ける「水汲みの儀」が9日栃沢の聖一国師生家で行われた。
町内の組長として駐車場係でお邪魔しました。
粗相のないようにと思って勤めてきましたが如何だっただろう。粗忽者ゆえ気になります。

そこでは、何が如何なったか全くわかりません。
おだっくいとしては・・・

これでいいのか?

画像-0318

ミツバチは今日も花の色や形 香も害うことなく
受粉と言う仕事をし蜜を携えて飛んでいきます。

じぶんは如何だろう。

収穫に感謝!

2番茶の収穫も終了。
後片付けが大変だ。
摘採機、その袋。洗って綻びを繕って畳んでコンテナーに詰めて収納。
工場、埃を払い、機械の汚れを落とし、水洗い。補修点検。
結構時間がかかる。

落雷、停電も無く無事に終了できた事に感謝です。
終い祝いはささやかに家内のお寿司です。

結果は、昨年に続く悪い結果だ。
風評被害かなぁ。

対策しないと・・・ 成り立たない。
どうするか?

合掌

一本の電話が鳴った。
「TV見たか?」
2番茶で工場をまわしていたので「見ていません。」と答えた。
「何だ。見てないのか。」
それじゃあDVDを送るよ。

BSフジの古寺名刹こころの百景9東福寺だった。

6年前に村をあげて押しかけ、茶の木を植えさせて頂いた時の石碑が映っていた。
ご用達のお茶屋さんの紹介もあった。1度訪ねてみたい。

それにしても、熱心な方がいらっしゃいます。
至らぬところをサポートいただき有難うございます。

合掌。

見えない線に

子供たちにネダラレ、我が家のネット環境が無線lLANになった。
なんだかわからないけど見えない線で縛られているようだ。

若者が居るという事は、世間並みの変化があるが・・・

これでもよかろう   葉緑に白き卵塊

畑の隅に白いものを見た。
画像-0313

隣の親父がドラム缶を置いてあり、雨水がたまっている。
藪蚊が子育ての場としたらしくボウフラガいっぱいだ。

そこにモリアオガエルが、これでもよかろうと
夜な夜な雄叫びをあげながら子孫繁栄の種を播いた。

自然界の食物連鎖の一端が垣間見れる。

この空気感

画像-0312

気温18℃、湿度75%
この感じどうにも伝えようが無いが
自分の記憶には、5月中旬のお茶時期の感覚です。
2番茶のこの時期に・・・

文字や映像では伝えられない。 もどかしい。

お水取りの儀

博多祇園山笠と言えば山車を担ぐ男集に水を掛けるシーンが印象に残る。
原点は、承天寺の開山が施餓鬼棚に乗って祈祷水を撒いて疫病を鎮めたことによるらしい。
770年余り経つが、その水をご開山の生まれ故郷、静岡市栃沢の生家の庭で汲み、
承天寺に奉納しようと言う企画だ。

その会場作りに組長だから出ろ と・・・

我利我利妄者が係っていいのだろうか?差し障りが在るといけないなぁ。

星に願いを

7月に入って七夕茶会をと思ってきたのですが、町内や菩提寺の行事で毎週つぶされます。
従って月遅れで
8月5日(日)小雨決行、
①9:00~
②10:00~
③11:00~
の3席にしたいと思います。
お茶とお菓子です。食事・席料は、ありません。

お越しの節は、ご連絡をお願いします。
電話  054-291-2219
メール sansuien-kiyomi@hop.ocn.ne.jp

梅雨

梅雨らしい。
 雨が降ったり止んだり、湿度が高く、ジットリ、ムッとして
あぁイヤダ。

挿し木には、適期です。

ご来賓

プロフィール

清己

Author:清己
静岡の山奥で
  茶を栽培する
小さな小さな
  ひやくしよう!

カテゴリ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR