防寒コートを脱いで・・・(春整枝の予備整枝)

茶葉を機械で収穫するのに枝を揃えなければなりません。
枝を整える季節によって春、秋整枝といっています。
通常秋整枝なのですが、中切り更新をした畑は樹勢回復の為
春整枝としています。
IMG_0994 (640x363)
右 予備整枝前

1回で済ませると葉焼けを生じますので予め10cmほど高いところで落とし、
日光を当てて日に慣らしてから正規の位置で整えています。これを予備整枝といいます。

IMG_0999 (640x480)
スポンサーサイト

山香一服pdf

パンフレットをPDFで取り出しできます。
歓迎 自由貼り付け
クリック 表面
お詫びと訂正
連絡先の番号が違っていました。ご迷惑をおかけしました。
グリーンティー大川 054-291-2356です。

クリック 裏面

そろそろか?

IMG_0998 (557x640)

<ダンコウバイ>別名 ウコン花

そろそかなぁ。
畑と山林の境(くろ刈り)にこの時季に黄色い花をつける。
昨年より10日ほど遅れているようだ。

3月3日  茶話会

日時 3月3日(日) 10:00~
会場 山水園 葵区栃沢
内容 ・「切り培」春 枝を整える。

参加希望の方は、054-291-2219へご連絡を

村の住人が集まって

村の住人が集まってこの1年を振り返り、この先1年のリーダー選出。

IMG_0991 (640x328)

自分が役員でなければ誰でもいい。そんな気持ちが誰もに存在する。
どう治めるのか。押し付けて治めてくれればいいけれどさもなくば
我関せずと無断欠席する輩

自治会 総会

年に一度の村の集まり、この一年とこの先を考える日。

IMG_0906 (640x354)

清香を放つ梅香の如く、好い集まりに

思わぬ にわか雪

「白くない」
「えっ」
「雪じゃん」
にわか雪です。

IMG_0980 (640x219)


棚は、何とか耐えています。ぼた雪だったら完全に潰れています。
肝も冷えます。

アセビ

米粒を鈴なりにしたような花
IMG_0977 (640x339)

子供の頃、ままごと遊びで使ったような気がする。

植物たちが、動き始めた。

降る 吹く 曇

春の天気は変わり身が早い。

野良仕事は、天気とニラメッコ。

七つ峰の雪は、昨日一日では解けなかった。
雨前の春肥がまだ終わらない。

明日の朝は、思い切り冷えそうだ。

IMG_0934 (640x480)

やぶつばき

おお 白い

昨日の雨、ひょうこう800m位まで幸化粧。
主峰七つ峰も朝日に薄く赤みを帯びて輝いています。
昨日の雨は、冷たいわけだ。いろいろあって身に沁みます。

一方、温かいお便りも
IMG_0960 (640x469)

野に咲くスミレさんよりいただきました。

雨水

暦通り雨がしげくなった。春が目覚めるだろう。

梅の花も一気に開花してきた。

IMG_0929 (640x480)

IMG_0931 (640x505)

陽気に乗り遅れないように農作業を進めよう。

これ一番事業 茶棚を作る

七草は、寒いと言うけれど良く冷えた。-4,5度。地氷も見られた。
IMG_0970 (640x480)

これ一番事業で八十八夜の5月2日に茶摘体験をする企画があり、
これ一 茶摘企画ビラ (452x640)


今年は、じっくりと準備して できるかな?
まずは、防霜対策① 棚の設置です。  
寒いときに服を着る感覚です。

陽が当たったらカーテンを開け
IMG_0973 (640x134)
陽がしずんだらカーテンを広げ覆う
IMG_0971 (640x173)

3月から毎日。朝、晩 お勤めです。お百度です。

久々のアンカー打ち筋肉痛で身体中が痛い 痛い。

七草

旧暦正月七日、七草です。

七草粥食べましたか?
お隣の日向地区では、無形文化財の「七草まつり」が行われた。
会場の隣に畑を借りて作っていますのでお酒を上げて…。

小学生とお茶を入れ方

大川小学校の先生から「お茶の入れ方」についてお電話を頂きました。
校内で入れてみたのですが、子供たちに「苦い」といわれてどうしたらいいですか?

小学生1~4年生でしたので味覚が固まっていない状態です。
苦味、渋みの区別は難しいと思います。
そこで、口当たり良く、味の変化の分かりやすい。
啜り茶方式でアタックしてみました。

IMG_0965 (640x265)

先生の撮影です。

これが答えと言うのでなく、この感じが好い。と言うのを見つけられたら
きっと美味しく入れられるようになると思います。
小1から中3まで9年掛けて歴史や文化と一緒にお茶の味も勉強できたらと思っています。

チャンスをありがとうございます。



春肥を撒く

14日、春肥(有機配合肥料)を撒きました。

IMG_0963 (640x464)

すべての茶園に撒けないので後日。

腰を痛めないようにバンドをして臨むのですがやっぱり少し痛みます。
肥料撒布浅耕機を使用して撒布し、浅く耕します。
通常、撒くだけ、耕す、別に行うのですが、一度に済ませます。


農道整備

IMG_0959 (640x181)

手前に見切りができました。
階段もできています。

もう少しですね。

経営研修 ずっとつながる営み

その 一つとして数字で把握する。
その為にお金のやり取りを丁寧に記帳し、自分の姿を見ることにある。
一人ぼっちだと、どうしたらいいの?で止まってしまう。
1日みんなで集まることで教えあったりして解決していく。
IMG_0958 (640x430)

IMG_0957 (640x313)

かなり苦しい時期であるけれど前向きにがんばってほしい。

村の鎮守の春祭り

昨日は、村のお祭りだ。ドンドンヒャララ ピーヒャララ♪
IMG_0935 (640x480)
彼は、この舞を始めて舞っています。

IMG_0943 (640x480)
舞いながら東西南北に災難除けの矢がはなたれました。
持ち場をチョッとはなれ パチリ。

今年は、好い作りとなりますように。ペコペコパチパチペコ。
IMG_0956 (640x480)
注連飾りを頂、荒神様へ

梅 蕾みに

なかなか膨らまない梅の蕾。

IMG_0926 (329x227)

今日は、村の鎮守の春祭り。

あーぁ。

9日、聖一国師をテーマにコンサートが日本平ホテルで開かれた。
国師の故郷と言うご縁で呈茶をさせていただいた。

300人を超す集まりとなり賑やかです。

IMG_0919 (640x347)

大川茶業委員会代表10名での対応です。
お茶は、全国茶品評会入賞茶3点。
お菓子は、某社のお菓子で勝手に「天華」と銘した。
お品書きにも似たA4一枚にまとめたものだが、お菓子が地域のものでないという理由で
出される事は無かった。残念。
次回のお楽しみに。

お世話になりました関係各位に厚くお礼申し上げます。

参考:静岡新聞

本日、日本平音楽会

page-0001 (460x640)

呈茶うまくできるかな?
行ってみよう。

できるかな?

日本平音楽会に向けて最終打ち合わせです。
修正案を整理して出かけてみたが、赤ペンだらけ あちゃー。
写真も取れてない。
9日に向けて やれるだけやろう。

たんぽぽ

雪が降るかも・・・。と心配したが雨でよかった。

コンクリート路面と石垣の隙間に咲いていた。
この花の環境は、石とコンクリートで春なのだろう。
IMG_0902 (640x357)

「山香一服」ポスター

5日、奥藁科大川お茶まつり実行委員会会合でポスターとビラが配布された。

bira.jpg
お詫びと訂正
連絡先の番号が違っていました。ご迷惑をおかけしました。
グリーンティー大川 054-291-2356です。

ビラ うら

<歓迎 自由貼り付け>と言うことですので応援していただける方は、ご利用いただきたいと思います。
また、pdfをご利用の方は、ただ今工事中です。しばしお待ちください。

常滑といえば

1日、3年越しの思いで常滑の急須作家さんを訪ねた。
出迎えてくれたのは、
IMG_0879 (433x640)

すいせんです。
次に見つけたのが

IMG_0862 (640x298)

急須の素地となる粘土の製造中(乾燥)段階の棚。
焼き物の町に着たんだなぁ。

ご主人の案内で作業場をざっと拝見し、ご自宅で作品を拝見した。
IMG_0863 (640x493)

3代山田常山氏の内弟子だったこともあり、師匠の作品と見比べながら作品談義となった。
IMG_0864 (640x480)

茶漉しが胴に穴を複数開けただけの単純なものだった。

IMG_0877 (640x325)

腹から尻に掛けて轆轤整形の後削られている。指紋の跡は、景色と見る?。

あっ、時間が…。つづく。

茶話会(節分)を楽しむ

今日は、立春。

3日、節分を楽しんでみました。
邪気をはらい。
ふきのとう、いわし、など食し目で、鼻で、耳で、口で五感で楽しみながら
春が近いとインップット。

IMG_0888 (640x327)

節分で使われる「ヒイラギ」には、小さな白い花が


参加者の声

春を感じて

節分です。
豆まきです。
IMG_0880 (640x479)

ふきのとうをてんぷらで食べて春を感じる。 
蕗の苦く、独特な香り、色合いこの刺激で身体に春が来たよとインプットするのです。
単純でシンプルでいいのです。あれこれあるとぼやけてしまいます。

春祭りの練習

お神酒をいただいて、
さて、初めて見舞いか

秋祭りからずっとご無沙汰していました。

個人レッスンもせずに今日です。致し方ないのかでも音が出ません。
昨日の雨で長年使われてきた太鼓は、皮が緩みべたべたです。なんだそりゃ。
IMG_0887 (640x327)

3人欠席です。
大きなお世話だけど 下を見ないで。石しか落ちていません。
目線をもっと上に、気分も上に。ハイ.ハイ。

いつまで続けられるのか?自分が一番若い。後がいない。

雨音やさしく

雨音に目が覚めたのが1:30.
実は、娘の宵っ張り。
でも、布団の中で聞く雨音は、あめだ~。うとうとしていて7:00じゃん。
気温も8度。トイレのタンクも家の敷石も汗をかいています。
地温も上昇して茶の木も目覚め始めるのかなぁ。

昨日、常滑の急須の窯元を訪ねた。イロイロと勉強になった。
ぼちぼちと紹介したいと思います。

1月行っちゃった

2月になっちゃった。
先日お願いしてあった洗濯機がやってきた。
17年毎日働いた洗濯機は、工場へ隠居。

運んできた運送屋のおじさんは運転が上手で
庭木のしだれ桜の手首ほど有る枝を2本へし折り
何も言わず帰ろうとしたので「植木どうしますか?」と声を掛けてみた。
スイマセンといって帰っていった。
植木の処理にはしごを持ち出し、のこぎりで切り落とし、木工用ボンドを塗って処理。

ご来賓

プロフィール

清己

Author:清己
静岡の山奥で
  茶を栽培する
小さな小さな
  ひやくしよう!

カテゴリ
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR