林道をドライブ

まず出迎えてくれたのは
IMG_1366 (640x260)
更に進めば
IMG_1362 (640x480)
主か?天然記念物。
IMG_1363 (640x480)
峰を走れば
IMG_1365 (640x267)
白く雪をかぶった南アルプスが
疲れた。
スポンサーサイト

寒さが居座って

寒さが続きます。
じっとがまんです。
それでも、野の花はそれなりに精一杯花を咲かせています。

IMG_1348 (640x480)
<常盤万作>
IMG_1346 (640x385)

ぼうそうファンがまわってる。

今夜もぼうそうファンが回ってる。
風が無いから放射冷却になるかも月が煌々と光っています。
IMG_1359 (640x348)
27日の茶摘メンバー

路肩に腰を下ろして一服です。

大丈夫だいじょうぶ

また寒さです。
もう いいにしてほしいなぁ。

最近の予報は良く当たる。
いいことだが都合の悪いことも在る。

昨夜、これ一番事業の「八十八夜新茶を摘もう」の畑で
トンネル掛けをしようと出かけ一人ではどうにもならず
Iサンにヘルプコールをした。
10ぷんほどで駆けつけておてつだいいただいた。
ありがたい。心優しきIさん。 奥様が惚れるのも…。
呼びつけたことで奥様にご迷惑をおかけすることに スイマセン。


IMG_1309 (640x480)
<やまふじ>

鉄線が咲き始めた。

IMG_1314 (640x480)


咲いたか

雨上がり

IMG_1333 (640x335)
25日5時

出来立ての新茶を仏さんへ献茶し、初づみを報告。
雨が上がり藁科川を雲が下り天候回復の模様。
白龍は藁科川を下りどこへ行くのだろう?

新茶の茶摘

23日、いよいよ茶摘です。
5月3日の『新茶を楽しむ会」用の原料調達。
IMG_1331 (640x480)
畑の都合。機械の都合。人の都合。いろんな都合がありまして10人での茶摘です。
ご機嫌だったのは、このおじさん。
楽しそうでした。
鶯も応援にかけつけてそばの梢で『ホ~ホケキョ』

深夜過ぎまでかかりこの日の分をもみあげました。
午後仕上げです。

急遽お茶の初揉みです。



IMG_1312 (480x640)
ニョキト生えたのはコンニャク。

22日早朝、電話が入り「お茶揉んで」
えっ。
何とかしましょう と言うことで
機械の調子はどうなのだろう。
点検はしたが本当に大丈夫か?自信は無い。
実際に揉まなければわからない。
スイッチを入れてonボタン。
あの機械この機械連携はどうなの。よし。
次は…
何とか2時頃には、乾燥機から出そうだ。
何回やっても初日は緊張します。


いい雨でしたねぇー

これからググッと茶の芽が伸びます。
置いていかれないように
IMG_1308 (480x640)
<みやまおだまき>

穀雨

いいお湿りです。

なにやら準備におわれます。

雨がほしいなぁ

ひとあめほしいなぁ。
IMG_1262 (640x413)

肥料屋のY君が訪ねてくれて、縁側で雑談。
ブログの話になり、「よくやるねぇ。」
何か書くことができたらなんて思っていたら1年経っちゃった。
それで毎日の日課に。仏さんにお茶を上げてお題目を…。と同じ
お前のブログは、花ばっかり。と言われるけど
いろんな花の生き様に自分の生き方を重ね合わせているの
最初に咲いた花は、花盛りの頃人知れず静かに散っていく
自分と言う花をどうするのか?

わからん。

品種探し

昨年借地した在来園でたんそ病に強い固体を6つほど選び、
更に晩生のものに的を絞りたいと萌芽時期の調査をしてみた。
7日毎3回見ておおよその見当はついたが、
2回目の直後、低温障害で不鮮明になった。
来年に持ち越しだ。
IMG_1277 (640x480)

IMG_1258 (640x449)
<石楠花>

忙しくなるかなぁ

IMG_1245 (640x480)
<クサノウ>
茎を折ると白い液が出る 毒らしい。

変~身準備

IMG_1205 (640x357)
<シャガ>

荒茶の製造工場の掃除です。
9ヶ月の休眠を解き、整備調整して万全を期す。
水洗い雑巾がけ、徐々に私の手足に一体化し
まるでマンガの変身シーンを見るようだ。
古いけど 超合金合体!
歴女には、武将が鎧に身を固めていく様

時間が掛かるなぁ。

新茶を楽しむ会

20年余り続く『新茶を楽しむ会」
今年も開催予定しています。
日時 5月3日~6日 9:00~
場所 栃沢 山水園
お問い合わせ eメール sansuien-kiyomi@hop.ocn.ne.jp
tel 054-291-2219

IMG_1215 (640x480)
<みやまつつじ>
木の芽を伸ばし始めた雑木林に咲く。

大丈夫 だいじょうぶ

先週末は寒かった。
茶の芽はだいじょうぶか?
IMG_1248 (640x503)
IMG_1251 (640x355)
5月3日「新茶を楽しむ会」用の畑
IMG_1253 (640x314)
5月2日『これ1番事業」の畑
いずれも大丈夫だ。

自治会では、不動尊のお祭りが行われた。
IMG_1247 (640x358)

キバナイカリソウ

IMG_1197 (640x495)
<キバナイカリソウ>

昨年、近燐の花好きのおばちゃんに譲っていただいた。
1年間庭の隅でひっそりと咲いている。可愛い花だ。

非力です。

この寒さは、大事になります。
人間は、大自然の前に非力です。

これ1番事業の「八十八夜に新茶を摘もう」は、やるといっているが…

IMG_1196 (640x412)
<ひとりしずか>
野の花のように 生きていこう。

常滑急須 水野氏に聞く

2月始めに常滑に水野氏を訪ねた。
師匠3代常山作の急須を拝見。
IMG_0873 (640x480)
<水野氏の作品と師匠の作品>

こだわりの作りを聞いてみた。
①水の切れ(急須に残らない工夫)。
茶漉しを内側から付けると傾げても縁のリングで残り水ができる。
IMG_0870 (480x640)
<断面>
IMG_0871 (480x640)
<断面 ささめ>
組み立ての際、外から取り付けることで残り水がなくなる。と
IMG_0872 (640x480)
<拡大>
②取っ手の取り付け
本体との一体感そしてバランス(取っ手で立つ)
IMG_0878 (640x528)
大雑把に書いてみたが、分かっていないとお叱りを受けるかも
出会ってみると急須づくりへの情熱が職人博司として伝わってくる。

春の茶会用に作っていただいた。
南蛮手といわれる高度な技による作品。
5月3日の茶会で披露しよう。

さむっ

気温5度。茶の芽のある株面2度。大丈夫かなぁ。

待ち焦がれた花が咲いた。
IMG_1206 (640x335)
<やましゃくやく>
陽が当たると花が開き、陽が沈むと蕾む光センサーを搭載しているようだ。
なかなか賢い。

それに比べてオレはボンクラダ。
昔から『立てば芍薬…」というけれど 背が低かったがいい感じだ。

これ一 交流部会の反省会

ここ1年がんばってきた「これ1番事業」の部会反省会。
IMG_1214 (640x265)
こうして集まって呑めないようではダメだなぁ。
先輩のご意見です。
ひとつづつがんばりましょ


咲いた。

その時期が来て咲いた。
IMG_1193 (640x480)
<エンレイソウ>
昨年は見れず、初咲きです。
野の花のように

『山香一服』終わった。

晴れ一時雨。厄介な天気です。
開会のセレモニー
IMG_1187 (640x266)

栃沢茶宴では、
IMG_1189 (640x326)

こんな感じで
満員御礼でした。

IMG_1192 (640x319)
席が終わって風が強かったがこんな景色が

そして、慰労会
IMG_1198 (640x290)
席を替えて『お茶しま専科」で
IMG_1200 (640x229)

1時45分。神のお告げが…「風微風、降霜危険」
酒を飲んだからお口カラカラ。
棚を閉めなきゃ。

午前3時、気温6度。隣のぼうそうファンが回り始めた。
もう寝よう。

山香一服 当日

今のところ 大荒れではないが
大雨でないなら 大風か?何とかなるだろう。

今夜が怖い。反省会で呑んでいると…

畳の表替え

自宅は古い民家ですのでと言うより山小屋でして
頂き物で間に合わせていた畳を手入れすることになり
床はしっかりしていると言うことで表替えをすることに
分相応に百姓やらしくとお願いしたら
子供の頃見た記憶の在る縁なしの畳になった。
職人さんも何十年ぶりかでの手仕事だそうです。
IMG_1175 (640x480)
息子が寝起きしていた部屋ですので新しい畳の部屋へどうぞと言ったら
「臭いから嫌だ」と
何とかと畳は新しい方が良いと言うのになぁ。
俺ら旅館へでも泊まらなきゃ嗅げないなぁ。

週末の雨

週末イベントの企画があるがどうやら雨の模様。
繰り上げて雨対策の準備をせねば

やっただけ、できただけ

いい雨でした

50mmぐらいのいい雨です。
IMG_1145 (640x480)
<黒文字>

「新茶を楽しむ会」用の富厚里の畑の茶の芽10日ほど早いか?
IMG_1162 (640x355)

キイチゴ

痛いなぁ。コンチキショウ。
見れば もうすぐ美味しいキイチゴが食べられる。
IMG_1123 (640x212)

気づかない自分の不注意だ。

イテナ~ァ。とげを抜く。

SBS TV取材

『山香一服』の予告取材があった。
相手方の都合で天空なる大間と基となった栃沢に白羽の矢が
栃沢は、9年の年月が高齢を引退に推し進め
対応がむずかしくなってきた。
実行委員長対応のサポートとしてお茶汲みをすることに

苦しいときだから応援しよう
そういう心遣いが感じられるのは思い込みかなぁ。

この先は、5日のイブアイを見てのお楽しみ。
IMG_1127 (640x451)
<きぶし>

デマントバス

デマントバス?耳慣れない横文字。
予約制バス。と言うことらしい。
今日から藁科線の昼の時間帯に導入される。
バス時刻表 (640x504)
湯の島温泉には便利かも

ご来賓

プロフィール

Author:清己
静岡の山奥で
  茶を栽培する
小さな小さな
  ひやくしよう!

カテゴリ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR