j自由が丘へ

自由が丘駅前のDalloyauを覗いてケーキを2カット買って
DCIM0639.jpg
電車に乗ってf二子玉川駅前のビル12Fへ
DCIM0638.jpg
妄想、妄想。

古桑庵での茶汲みは3回目、お力添えいただきました皆様に厚くお礼申し上げます。
認識不足でピントハズレの対応でいまいちの結果に
猛省しなければお力添えいただいた皆様に申し訳ない。
スポンサーサイト

第三期農道整備始まる

DCIM0637.jpg
借地している坂の上の畑で三期目の農道整備が始まった。
設備してあった坊霜棚も支柱が邪魔になり撤去されバランスの悪い状態
台風が来ると嫌だなぁ。
暫し管理作業がしずらくなる。

久しぶりに自由が丘へ出掛けてみよう。

在来実生による紅茶つくり

気温18度快適な朝。
昨年に比べ5か早い取り組みだが7~10日ほど遅れた気がします。
雨が少ないこともあります。
あ~ぁ こうなるのね。
来年への糧にしよう。姉ちゃんの飲み茶にしよう。

一雨☆いなぁ。
DCIM0626.jpg
やぶかんぞう
明治時代の紙漉きのなごり?



おみなえし

DCIM0623.jpg
おみなえし

暑気払い

手もみのおしょうさんお二人と物好きに集まった夜な夜な
お茶のあれこれ談義に花を咲かせた。
モリウチスターマインが元気よく、
コヤマ酒造のアレコレ。
藁科川の鮎の塩焼きを肴に
DCIM0628 パノラマ写真
そろそろ明るくなるから一休みしよう。がんばっていました。

暑気払いになったかなぁ?
頭痛が・・・ お~いお茶。

施餓鬼会

25日、栃沢 龍珠院で施餓鬼会が行われた。
DCIM0625.jpg
役員交代に80の先輩が承諾せず 呆れてしまう。
否なものは否なのですか?
気持ち一つ 考えようで・・・。

栗のイガ

DCIM0593.jpg
栗もイガが出来て膨らみつつある。

それにしても暑い。大暑の頃当たり前か。

赤とんぼだ

赤とんぼが避暑にやって来た。
数がすくないなぁ。
見慣れないのが いとトンボだと思われる。
最低気温21度と快適だが 今日も暑そうだ。

やまゆり

DCIM0622.jpg
あまくまとわりつくような匂いが子供の頃の夏休みの思い出と共によみがえる。

これ一番事業「山里体験、紅茶作りと川遊び」

20,21日と湯ノ島温泉近くの自然広場を会場に紅茶作りと川遊びで
山里の空気を楽しんだ。
21日
DCIM0611.jpg

昨日摘んだ茶葉を萎れさせ揉んでみる
DCIM0616.jpg

お昼は流しそうめん
DCIM0618.jpg

子供たちは川遊び、スイカ割り、湯ノ島温泉入浴を楽しみ
出来た紅茶を袋に詰めて持ち帰った。
DCIM0621.jpg
ここまでの事業展開に
これ一番事業の担当部員や地域振興協議会、湯ノ島町内会、湯ノ島温泉協議会他
有志の皆様のお力添えをいただきました。厚くお礼申し上げます。

これ一番事業 紅茶作りと川遊び

朝一番にお寺のそうじに次期役員が問題に・・・

遅れてこれ一の会場に
DCIM0607.jpg
紅茶用の茶摘みをしていました。
昼食を済ませ子供たちは川遊びにスタッフの一部は明日の準備に
流しそうめんの竹取に
竹を割る作業を見ていたお母さんが感嘆の声を上げた。
これは子共たちに見せようと声をかけた。
意外なところに感動は転がっている。

雷さん嫌い

ピカッ ゴロゴロ
あ~ぁ 嫌だ。
DCIM0598.jpg
蜘蛛までいらして

これ一番事業で紅茶を作ろうと 夕立は気になる。

ホイロ上げ

このところ霧が深く昨日は終日霧の中、何時雨が落ちてもおかしくない。

お茶しま専科でホイロ上げとして飲み会です。
テンション上がり写真を撮り忘れました。
不況の事態にビールや焼酎が俺の口を借りて文句を言う。
DCIM0599.jpg
おとぎりそう

タバコは吸わないけれど

DCIM0605.jpg
いわたばこ
手洗い鉢に咲きはじめた。

道普請

水汲みが終われば自治会恒例の「道普請」です。
全戸出席で分担し作業に当たります。DCIM0603.jpg
真面目に取り組む者、ズルケル奴、相変わらずだ。
70-80代の先輩に世話をやけば 雷がゴロゴロ。雨もポツポツ。あ~ぁコワ。
見ても言わず聞かざる知らん顔。貝になろう。 

博多祇園山笠Ⅱ

DCIM0604.jpg
<15日、静岡新聞夕刊>
山笠を静岡に呼びたい等と言い出すのでは?

博多祇園山笠追い山

今年もTV観戦です。
無事終了した。
栃沢からの清い水も丞天寺さんに奉納され無事で何より。

しずおかのK氏から 桐箱付き缶入り のご注文をいただいた。
缶は純銅製なのだが箱の表に純銅製の印刷が
作者には申し訳ないが邪魔です。
消せないので仕上げ鉋の刃を砥ぎ調整。削り直し。
掛け紙を掛けて組紐で締めてみた。
DCIM0597.jpg

DCIM0581.jpg
かぼちゃが花を付けた。
収穫するのは、猿だろうか?

台風一過

DCIM0595.jpg
夕やけだぁ。

夏出のしいたけ

若い頃から気になった品種があって耳にはしていたが飲んだことの無いものだった。
「佐藤早生」という品種だ。
今回依頼を受けてY氏にお願いして飲むことが出来た。
香りに特徴のあるものだ。印雑系のような気がする。

おまけにただいた夏出しのしいたけ
DCIM0586.jpg

大荒れでなくてよかった。

DCIM0575.jpg
白龍は藁科川を下り・・・

雲行きが

DCIM0592.jpg
いつもとは違う雲ですネェ

水汲みの儀

DCIM0591.jpg
どうやって続けていくのだろう?

嵐の前の

DCIM0574.jpg
この天気から台風の到来はわからない。

日本茶の「回帰」

著者である飯田氏が完結編ができたよと持ってきてくれた。
DCIM0584.jpg
回帰すべき日本茶の伝統が奈良にあると・・・
晴耕雨読 雨降りに読もう。

モジモジしてみれば

赤い芽だけを摘んで一晩置いて揉んでみた。
乾燥は電子レンジでチン。
DCIM0585.jpg
紅茶のようになった。
水色も在来実生のように黒みが無く、紅く澄んでいる。
単品だとこうなるのか。

2茶の赤い芽

実生園の2茶で見られる赤い芽。
DCIM0557.jpg
DCIM0558.jpg
この赤い芽だけ摘んで紅茶にしたらどうなるのだろう?

お片づけ

2茶も終わって後片付けです。
何とも張り合いの無い
 不況の波かなぁ。
食新では「静岡茶5連敗」と
「都合の悪いのは身から出たさび」とトイレのカレンダーに
安きに流されないように 生きるのは自分
みんなに支えられて生きている。

「お前が進めてきた「山香一服」が不評を買っている」とご指摘をいただいた。
あっ そう。
自分たちはこの山の中でこんなお茶を作っています。
と言っているのですが・・・気に入らないのでしょう。

大雨じゃないよなぁ

予報がハズレ大雨じゃない。
もう少し雨が欲しい。
DCIM0567.jpg

ホタル

ホタルが飛び交うのを見た。
携帯のカメラで野撮影は難しい。
DCIM0560.jpg

ご来賓

プロフィール

清己

Author:清己
静岡の山奥で
  茶を栽培する
小さな小さな
  ひやくしよう!

カテゴリ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR