fc2ブログ

全品入賞

携帯電話が鳴って「農協さん来たよ」と
JA指導員のM君が結果報告に足を運んでくれた。
産地賞とれました。と
そうか良かったね
Y君、O君にもよろしくお伝えください。
個人としては11番で二等入賞ということです。
まあまあ良かった。
さて
先日茶棒が立った。吉祥か?
DCIM0700.jpg
スポンサーサイト



石上文子著 歌集「わらしな」

婆様が昭和初期の奉公先だったらしい。そんなご縁で本を貰って来た。
著者は中勘助氏との交流もあり、卒寿を越され出版されたようだ。
一部をご紹介させていただきます。
DCIM0720.jpg


69-71p  霧の露
街道はやがて山路の九十九折 車窓にみどりの茶畑つづく

水源はいづこぞゆたに耀きて 山あひ下る尺ほどの川

わらしなの山あひの里栃沢に茶の祖 聖一国師生まれしと

仄暗き須弥壇 聖一国師像 善男善女ら目を凝らすのみ

茶作りに一生賭けしや ジーパンの主に妻女よりそひ笑まふ

わらしなの山霧清し 茶を育て青年すでに壮年となる

永平寺廉芳禅師の名付けたる銘茶ゆかしく「霧の露」とぞ

123-124p 米寿
予期せぬを つつしみて受く わらしなの銘茶しみじみ友等嘉しつ

山霧の下り来る地に育てしを「霧の露」と禅師は名付く

わらしなの源流近く茶を育て 少年すでに壮年となる

歳月をかけし銘茶の美しや 米寿祝ぐとて君は賜ふも

里人や友らに助けられ来しを 沁みて思ふも米寿迎えて

あとがき
挿絵が好いなぁ。
写真じゃやぼかいなぁ。誰か書いて

ご来賓

プロフィール

清己

Author:清己
静岡の山奥で
  茶を栽培する
小さな小さな
  ひやくしよう!

カテゴリ
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR