もういくつ寝るとお正月

正月がやってきた。正月飾りを作ろう。
スポンサーサイト

餅つき

暮れの餅つきで一日がかりだ。
いろいろ縁故もあって10臼を超す。
お母さんはヨレヨレだ。
餅つき機など無いから昔ながらに臼と杵。

ときどきお局のチェックの一言にイラッ。
もちは嫌いだ。

カビ対策も欠かせない。ポリ袋にエチルアルコールで何とかなるか。

穏やかな陽射し

27日、-2℃と冷えましたが風もなく穏やかな1日でした。
冬休みで帰省中の息子にお手伝いいただいて「おくゆたか」の畑に
防霜と被覆を兼ねた棚の施設を作成中。
お昼休みに縁側でひなたぼっこ 温いなぁ~。

SBSイブニングアイ年末特集で

視聴率ランキングが放映されていた。
そういえば秋ごろお世話になったなぁと見ていたら
13%ほどで1位で栃沢だった。
放送された日が祝日だったこともあるだろう。
まぁ いいことだ。
でもこの先 崩壊集落にするのもしないのも住民一人一人の意識次第だ。


青空に

日中でも風が冷たく感じます。
この寒い時期に花を咲かせるのが
DCIM1156.jpg
ロウバイです。
青空に映えます。

クリスマスイブ

皆さんはどんなイブだっただろう?
ケーキを食べたり、豪華な食事をなさったりされましたか?
家は仏教徒ですが、近所の奥様のお誘いでケーキを購入することに
お盆も、村祭りも、お正月もいろいろあるなぁ。
その都度それっぽくしているフリーな心模様だ。
いい加減で・・・。

実りが良くないと・・・

今年は南天や千両の実入りが良くないとお局さんがぼやいています。
お正月に欠かせないのですが有りもしない南天の実をヒヨドリが来て啄んでいます。
DCIM1150.jpg
これしかないとお局は・・・

防霜用の棚をつくる

春先の遅霜は新芽にとっては大敵です。如何防ぐかが肝要だ。
よく見かける大きな扇風機で風を送る方法や水をかける方法、布などで覆う方法などある。
棚による被覆を選択しました。
簡易な測量、設計、を済ませ工事の最初はアンカーを打ち込む作業
DCIM1149.jpg
右側の部材を地下1mまで左のように専用器具で打ち込むこの作業がなかなか難儀で
体力勝負です。
見えませんが地面の中は大小の石だらけ一本打つのに1時間以上かかることも
今回は30本ほど数日かかりそうだ。
筋肉痛であちこち痛い。

藪椿が咲いて

借地して「おくゆたか」を栽培している畑で防霜棚をつくっています。
畑の隣は山林なのですがそこに藪椿が一輪咲いていました。
DCIM1148.jpg
先日の寒さで霜焼けしています。
自然の厳しさから退避できない。

週末は雨

金曜日はよく冷えてお茶の葉も凍りついて
DCIM1146.jpg
風もなく穏やかな日に
DCIM1147.jpg
陽射しも温かく感じます。
明けて週末土曜日は朝から雨です。
4月の「山香一服」に向けてブログ『栃沢茶宴」の立ち上げに、新規の仮称「サロン きむら」の打ち合わせに

冬の野に咲く「はなごおり」

今季最低の気温氷点下4度まで下がって葉を落とした枯れ野に花が咲いた。
栃沢では「はなごおり」といっている。
DCIM1136.jpg

DCIM1141.jpg

DCIM1133.jpg
これはシモバシラと言う植物が寒気に触れ根元付近で吸い上げた水分が凍り
茎がさく裂して飴細工のような造形が見られる。
当に氷の花である。
呆気なく午前中で消えた。
寒気が続かないので今季の発現は望めない。

冷えましたねー

19日、―4℃晴れ
寒気が入り放射冷却も加わり良く冷えた。
華ゴウリと言われる霜柱が見れるかも

椿も震える

昨日は一日中雪の舞う日となり気温も上がらず1℃に達しなかった。
記憶にないなぁ。
DCIM1132.jpg
椿も凍りつくような寒~い一日でした。

今日も寒そうだ。手に寒さが突き刺さるような感じです。

初雪だ

17日、気温0℃
昨日の雨は夕方には上がり西風が吹いていた。
夕方5時ごろから3時間余りの停電があって100年前にタイムスリップ
ローソクの明かりで…
一夜明ければ妖精がやってきて薄化粧
IMG_0037 (640x480)
道路に積雪は無い。

暗闇に突然

4月に行われる「山香一服」大川お茶まつりの打ち合わせ会議に大川支店に向かう途中
暗闇に突然浮かぶイルミです。
DCIM1130.jpg
もうすぐクリスマスだなぁ

スイセンが咲いてた

Kさんのお宅を訪ねた。
寒さの中凛として咲いている。
DCIM1129.jpg
寒さを理由に逃げないよう頑張ろう。

冷えてきました。

14日 気温0℃晴れ 衆議院選投票日
冷えてきました。水たまりに氷が
昨日は『風花』と呼ばれる雪が西風に乗ってやってきました。
北国は白いだろうなぁ。

冬だなぁ

赤い実を見て「冬だなぁ」と思う。
DCIM1105.jpg
単なる条件反射だよな。

長~い巻手紙

先日お手紙をいただいた。その長~いこと
DCIM1094.jpg
毛筆の巻手紙 流石です。
著名人と渡るにはこのくらい出来ないといけないのかなぁ。
この長さは彼の思いに比例するのかなぁ。

二子玉川の呈茶が

先日の二子玉川での呈茶が静岡新聞に紹介された。

nikotama.jpg
次回への弾みになるかなぁ。

京都東福寺の茶の木

9日、「百福」のお届けに行ってきました。
寺務長さんにお渡しして来たので除夜の鐘の後で配られることでしょう。

もうひとの目的は、この春土壌改良した個所の植えた茶の木の確認です。
18年に植樹した茶の木は
DCIM1118.jpg
それなりに成長していますが縁石側は枯死や元気のないものも見られる。

今春土壌改良した所は
DCIM1115.jpg
左奥は未着手、右手前は今春土壌改良。右の苗は葉色も良く元気だ。
これで対処策は見えてきた。どう実践するか
一気にやるのは俺にはできない。
東福寺の茶の木を元気にすることに賛同して
栃沢の土を京都まで運んでくれる奇特な方
いないよなぁ。
2t車50台分にもなる。何の保証も手当もない。ただで

俺の気持ちは、静岡の茶祖聖一国師に『おかげさんでありがとう』だ
身の丈に合った対処で進もう。
細く長く。でも俺の命は何時まであるのかなぁ。

これ一番 種まきから始める蕎麦打ち体験 そば打ち編

今年の夏種まきから始めたソバ打ち体験の最終回 そば打ち体験
地域防災に参加後出かけてみました。
もう始まっていて水回しが終わり練から伸し段階に移るころ
DCIM1113.jpg

DCIM1114.jpg
皆さん夢中です。
せっせと手が動きます。
打ち終わった人から茹でに移り早々にザルに移してすすっていました。
どなたさんも満足な笑顔でした。
来年もぜひ開催してほしいとの声が多数ありました。
如何するのかなぁ。
スタッフの皆さんお疲れ様でした。

参考に>種まきから始める蕎麦打ち体験

地区防災訓練

9時にサイレンが鳴るので集会所に集まるように
というふれであったがサイレンは鳴らず
いそいそと出かけてみた。
霜柱(地ゴウリ)が見られました。
DCIM1107.jpg
集会所の紅葉は
DCIM1108.jpg

出欠をとり 戸別見える化確認が行われた。
DCIM1110.jpg
この後、ソバ打ちへ

雪支え

気温0℃ 冷えます。
先日の雨で奥藁科の主峰七つ峰が雪化粧した。
雪対策をしておかねば防霜棚が壊れる。
過去2回ほど潰された。
雪は軽そうに見えてそうでない。
ネットを広げた状態だと降り始めて5分で潰される。
DCIM1106.jpg
中程に竹で支えをしてみました。

お茶しま専科忘年会

自園農家グループお茶しま専科の忘年会です。
DCIM1103.jpg
奥様方もご参加いただき情報交換
こんにゃく作りが話題になっていたようです。
参加できなかったJA指導員からプレゼントが届き・・・
ありがとうございます。
猟師をなさるKさんの計らいでイノシシが鍋の中に
Yさんは『これはうまい』とお代わりをしていた。
Kさん曰く 違うだよ・・・あのさー・・・
Nさんは過日紅葉山での呈茶でお客さんに喜んでいただけたことが嬉しいと
参加できない人もいたが酒ぐらいみんなで飲もうや

FM横浜に

12/20 am8:55 FM横浜に登場。電話インタビューです。

スッパ!

裏庭に根を下ろした山葡萄。
DCIM1088.jpg
鳥のオトシブミだと思うが如何したものだ。

♪栃沢は今日も雨だと

気温5℃ 中3日で雨です。
山を下りたとき見えたのは
DCIM1093.jpg

そして木々の色どりも濃くなって
DCIM1092.jpg
DCIM1096.jpg東福紅葉
DCIM1098.jpg檀コウバイ

忘年会(お茶うけ屋)

今朝は気温2℃ 昨日からの風が続いている。
昨夜群れてみました。お仲間に入れていただいて
DCIM1102.jpg
左にあと2人いるのですが
若者の集まりに青部の先輩は「終電で・・・」早々に帰宅され
いのこったじぶんは 若い衆の彼女ができた話やコミュニケーション術におじさんを感じてしまいます。
主催のYさんありがとう。お疲れ様です。
来年いいことあるかなぁ。???

北風小僧がやってきた

一晩中北風小僧が雨戸を叩きます。

東福寺開山がお伝えになったと言われる「トウカエデ」も黄色く色づいた。
DCIM1091.jpg

7年前種を譲っていただき4年前に植えたモミジは
たかさ2~3m程に成長している。300本植えたが半数はカモシカに食べられた。
DCIM1086.jpg
今年の東福もみじは如何だっただろう。
人の波が治まったら出かけてみよう。

ご来賓

プロフィール

清己

Author:清己
静岡の山奥で
  茶を栽培する
小さな小さな
  ひやくしよう!

カテゴリ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR