ダンコウバイも

山裾にあるダンコウバイが咲き始めた。
DCIM1269.jpg
近づいてみれば
DCIM1270.jpg
今週ウグイスも毎朝鳴いて春でしょう。

それにしても昨日の風は強かったなぁ。
スポンサーサイト

山芍薬の芽 膨らむ

庭の草むしりから落ち葉を払って覗いたのは
DCIM1261.jpg
山芍薬の芽です。

また雨です。

8時ごろには降りだしそうだ。
雨対策をしておこう。

雨水を受けてなのかなぁ。万作が花開いた。
DCIM1268.jpg
これから一杯花が咲く。

ウグイスが鳴いた

雨上がりの23・24日朝ウグイスが鳴いた。
あの暖かい雨に誘われて練習をしてみたのでしょう。

雨水ですね

温かい雨ですねー。
雨上がり春の陽気を感じます。
DCIM1258.jpg

建物も結露です。
茶の樹にもスタートのスイッチが入った感じです。
DCIM1259.jpg

今年のお茶はどんなんだろなぁ。

自治会の総会

年に1度集落の全体集会です。
事業、決算の報告と新年度のリーダー選出
みんな役員は嫌です。厄ですからね
投票ですが、今回すんなり決まり2時間ほど閉会となりました。

これ一番事業報告会

3年間の報告会がありました。
DCIM1256.jpg

JA運営委員会研修

大川支店の運営委員会の研修に参加してきました。
浜松のソースメーカーで工場見学しました。
DCIM1245.jpg
ソースの始まりの話を聞き
DCIM1248.jpg
工場見学へ
靴の消毒、手洗い消毒、キャップをかぶり
DCIM1249.jpg
煮込みの部屋へ
DCIM1250.jpg
蔵へ
DCIM1253.jpg
ビン詰体験
DCIM1254.jpg
シールを貼ってお土産の出来上がり。
工場見学ありがとうございました。勉強になりました。合掌。

山の牛が

日向の畑です。あれ!おかしいなぁ。葉っぱがない。
DCIM1240.jpg
子供たちが5/7に摘む畑です。
ここだけと思いきや「切り培」の原料となる此方もです。
DCIM1242.jpg
畑の周囲を・・・
DCIM1243.jpg
やっきりするなぁ
どうやら犯人はカモシカと思われる。食べられてしまっては致し方ない。
天然記念物だから手が出せない。
お上は獣を増やしてどうするんでしょう。

無益な殺生はするんじゃない。と育てられた。

朝焼け

朝焼けが見られた。雨なのかなぁ。
天気予報では晴れだよなぁ。

あめですねぇ

雪にはならずよかった。
それにしても雨が多いですねぇ。どうしてでしょう?

春肥①

春肥を入れました。
配合肥料です。内容は菜種粕、魚粕、硫加、菌体です。

肥料散布付浅耕機を使用していますがだいぶガタがきています。
使用後のメンテは心がけているのですが、鍬の爪が短くなるし・・・
水洗いしてもしなくても錆びつく どうしたものでしょう。

つばき

庭の垣根に椿が咲いた。
DCIM1214.jpg
温かくなるのだろうなぁ。

和やかにお疲れ様

先日の葵レストランを開催した100年そばの会の会長から「ちょっと出てこい」と電話があり一升瓶を下げて出かけてみた。
あの日の地元スタッフが集まり始まった。
「コミュニティー活動賞」表彰式から駆けこんだI君が受賞の報告をした。
DCIM1235.jpg

在来そばが振る舞われツルツルッと口の中へ
DCIM1236.jpg
歓談も和やかに
DCIM1238.jpg
「来年も開催したい」とM&Mリーダーは言った。
開催を楽しみにしていよう。

急ぎ帰って「限界集落株式会社」を見よう。

白くなるのかなぁ

午後気温が下がり白いものが冷たい風に乗って舞ってきた。
DCIM1231.jpg

数分で治まり騒ぐこともなくでも寒いなぁ。

確定申告前の簿記講座

大川地区の茶農家グループ「お茶しま専科」でPCを使っての簿記講座を10年余り続けてきた。
最初は、毎月だった勉強会も年に1度の取りまとめの時期に1回で済むようになった。
白から青へ移行していく、上手に節税しながらより豊かな明日に向かって。
ここまでご指導くださったJA営農指導員は実にありがたい。
DCIM1229.jpg

メンバーも50代後半から70代もう少し頑張ろう。今が一番若いから

むらまつり

栃沢子安神社春の祭礼がありました。
DCIM1225.jpg

DCIM1226.jpg

秋は11/3 今度は当番だ。

椿

木ヘンに春で椿 庭に一輪咲いた。
DCIM1215.jpg

薄化粧

昨夜天気予報を見ながら明日の朝白いかなぁと思ったりしてた。
起きてみれば
IMG_0056 (640x480)
白いですねぇ

今日はお日待ち 餅をついてコンニャク作って おこもり
ご近所でも祭りだからと餅をつかないようです。

雨の日曜日

雨です。この冬よく降ります。
近所のKさんにお力添えいただき予てより思っていた、かなりマニアックな装置を取り付けてみた。
エアーコンプレッサーのタンクの水抜きを自動化したいというもので最近の機種にはついていると聞いてますが
手持ちの機種は手動なので改良を試みてみた。
現在、空気圧でオンオフしているが、更にドレン部に電磁弁を取り付け、
空気圧が下がってオンになったら5秒間電磁弁が開き水抜きする。
タイマーとリレーを配線してケースに収納。ケースはかつて使っていたMOのプラスチックケース。
DCIM1204.jpg
見た目はともかく事足りるなぁ。

神楽の練習

11日のお祭り向けて神楽の練習。
ここ1年ほどケガや病気で入退院を繰り返してきたMさんが出てきた。
「1年ぶりだやぁ」と言いつつばちを持った。「どれ!」
軽~いタッチでソフトに始まった。♪どんどんどどんとどんどどどん~
軽妙にリズムを刻む。ついつい乗ってピーヒャラ 実に心地よい。
これだと楽しくなってお神酒も進む。
へたくそな笛がお粗末だ。練習せねばと思ったりもする。
DCIM1218.jpg

栃沢子安神社春の御祭りは2月11日11時より
Mさんの太鼓を聞きに来てほしい。
メンバーも回を重ねるごとに歳をとる。今が一番若いのだから
生きているうちに

TV「株式会社限界集落」が見たいので早退させていただいた。

山は積雪

奥藁科の主峰七つ峰は白い。
DCIM1210.jpg

栃沢の奥足久保との境釜石峠あたりも白い。
標高800mぐらいかなぁ。
DCIM1211.jpg

薄化粧

予報通りの雪でしたねぇ
一時白くなりましたが間もなく消えました。
DCIM1209.jpg

静岡紅ほっぺ

友人が下川原でイチゴを栽培しています。今年も品評会で入賞しました。
お祝い方々顔を見に行ってきました。お土産に美味しい作品をいただいてきました。
DCIM1208.jpg
W君曰く「今年はタイミングが少しずれてしまいおもうところではなかった。」と言っていました。
来年また頑張るよ。と
身近な町内から部農会、農地、農業政策、食糧問題、なんかちょっとおかしくない。
問題は現場で起こっているんです。
ご都合主義の言いパなしは困ったもんだ。
でも、それがまかり通るから困ったもんだ。

何処も同じだ。自立経営できるようでなければ・・・ずっと続くように

節分

夕飯を食べるまでに呪いごとの多いこと

まずはそばを打って茹でて神棚へ供え、香花と柊の枝を出入り口に付け、
更にめざしを焼いて頭を香花の葉で挟み付ける。
DCIM1206.jpg
庭にカゴに香花、柊を付けて竹竿の先に付け立てる。
大豆を炒って、香花を炙って葉を一枚づつとって、柊も一枚づつにむしり升に入れて神棚へ
香花の枝を炙ったもので頭からつま先まで払い
お神酒を上げ、灯明を付けてお参りし、めざしを肴にお神酒をいただき
神棚から升を下げ
DCIM1207.jpg
いよいよ奥の部屋から『福は内、福は内、鬼は外』

ようやく夕飯のそばをいただける。
いい春が来るのかなぁ。 春よ来い。



生垣に氷柱

庭の生け垣に氷の柱?
DCIM1205.jpg
気が付きのが日が当たってからでかなり溶けてしまった。

生垣の中に防霜棚のパイプがあって中にたまった水がここ数日の寒さで
凍って伸びてきた。と思われます。

そばがら?を焼いて

昨年秋収穫したそば。稲わらならぬそばがら?が屋根下で場所をとっている。
片づけたい。
風のない朝をねらって昨年秋のそばがら?を燃した。
灰が残った。
DCIM1203.jpg
この灰を煮出すもしくは熱湯で湯透しすると灰汁が取れる。
この灰汁をコンニャクを作るのに使う。

1/20くらいに小さくなった。
稲わらならぬそばがら如何言うのだろう?

1月行っちゃった。

2月初日気温-3.8℃と冷え込みました。
寒気に放射冷却が加わりOさみい。
日中風がなければ温かくなるだろう。

ご来賓

プロフィール

Author:清己
静岡の山奥で
  茶を栽培する
小さな小さな
  ひやくしよう!

カテゴリ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR