シモツケ草

今月も終わりにでも1茶後のかた付け(2茶の準備)が同時並行に
なかなか進まない。
DCIM1615.jpg
一雨欲しいなぁ。
スポンサーサイト

期待外れ

待望の雨は葉っぱを濡らしておしまい。
午前中テンション上げて2茶の肥料を撒いたのに
予報の読み違え 思い込みが強すぎた。
DCIM1605.jpg

DCIM1606.jpg

次に期待しよう。

手摘み園の中切り更新

この時期の作業で最もきつい。だからみなさん避ける。
でもやらなくてはと思っている馬鹿。
DCIM1603.jpg

DCIM1604.jpg
これから芽が出て葉っぱ18枚を目標に育てる。来年の「霧の露」の母枝となります。
3人がかりでヨレヨレです。

甘い香りの

このあまいかおりは・・・?
DCIM1598.jpg
スイカズラです。

もうそんな時期なんだ。

これでいいのかなぁ

在来実生の茶の芽を使い紅茶を作ってみたいと奮闘。
ダージリンも同じ在来実生。できるかな?
18時間の萎凋を施し、揉んで、
DCIM1568.jpg
乾燥して 秋まで寝かそう。

銀杯草

庭に初夏を告げる銀杯草が咲き、新茶の収穫終了と重なる。
DCIM1570.jpg

やまぼうし

いつもお世話になっているスタンドの軒先に咲いたやまぼうし。

DCIM1596.jpg

新茶を楽しむⅡ

何 時:5月31日午後1:00~
何処で:栃沢山水園
何 を:出来たて「おくゆたか」をお楽しみいただきたいと思います。
参 加:ご連絡いただけると助かります。054-291-2219
DCIM1597.jpg

箱根ウツギ

箱根ウツギの花が咲き始めた。
白から赤へ変化していく。
DCIM1581.jpg

小鳥たちの声援を受け

22日五月晴れの日となった。
DCIM1594.jpg
ウグイスの声に新芽を摘み、揉みあげた品評会出品茶を湿度の低いこの日自前で調整した。
工場の入り口には、ヤマガラが子育て中で親が餌運びに奔走している。昨年はシジュウカラだった。
DCIM1592.jpg

DCIM1589.jpg
工場内で雛のさえずりが良く聞ける。
調整準備は前夜だがホトトギスが垣根で「ぼっこうちゃったか」と
お茶前棚の後片付けをしてぼっこを減らしたが、今季PC2台ぼっこに 片づけなきゃ

かつて駆け出しの自分が茶研の名義や製造指導を受けながら品評会にチャレンジした時、
計量ミス(足し算)があって責められず悔しくて1年の丹精を・・・。
自分でと思うようになり、積み重なった意地ぱりが 「やっただけ、できただけ、」と思い込んでいる。
結果は後から
全国茶品評会出品茶調整終了。

セッコク

友人の庭に咲いていました。
DCIM1583.jpg

雲行き

21日昨夜雨が降ったの知らず起きてみて降ったんだぁ。
奥藁科の雲のなられも激しい。
DCIM1584.jpg

DCIM1585.jpg

DCIM1586.jpg

DCIM1587.jpg
1時間後
DCIM1588.jpg

雲行きが違う

雨上がり雲行きが何時もと違います。
DCIM1571.jpg
何時もは右から左へ流れるのですが、今日は左から湧き上がるように南風でしょう。
今日もお茶を仕上げなくちゃみんな待っている。

みかんの花咲くころ

工場裏手に夏みかんの樹があり、花が咲き工場の中まで匂います。
DCIM1569.jpg
仕上げ調整に奮闘中。

茶の芽

品種:やぶきたとやまとみどり
DCIM1565.jpg
左 やまとみどり    右 やぶきた

大和みどりはやぶきたより10日ほど遅く遅霜に合いにくい。
味はどんななんだろう。

縁側茶談義

午前中在来の荒茶加工をして午後は縁側で久々のお茶談義こういう時間が少なくなったなぁ。
美味しいお茶づくりに向けて新たな取り組みも思考中。

おくゆたか

おくゆたかを栽培していますが、今回被覆をしてみました。
DCIM1567.jpg
狙いは香りを和らげることと甘みを引き出すこと
成果は6月1日の茶話会にて披露しましょう。

茶の芽並べてみました。

機械で収穫した茶の芽をならべてみました。
DCIM1563.jpg
無作為に蒸し機に入る直前コンベヤーから一掴み、コンクリートの床に並べてみました。
昔からミッパガケという言葉があり綺麗なお茶を作る基本とされています。
それを機械で収穫しても同じく実現しています。

畔刈りに咲く

本物?
キンランのようです。
DCIM1562.jpg
ピントが後ろの落ち葉に 残念。
目の保養をさせていただきました。

クンシラン

新茶期と重なるように咲いたクンシラン
DCIM1546.jpg

台風も大事なく、新茶の収穫続行。またあめが・・・

庭に

庭先にシャクナゲが咲いた。新茶期と重なる。
DCIM1542.jpg

DCIM1544.jpg

この畑で

つややかな茶の芽 朝日を浴びて
DCIM1549.jpg
現場でないと伝えきれない。もどかしや

美味しくなってますか?

生葉は甘みを感じられます。

昨夜は放射冷却で夜露があります。

眠み~い

二晩徹夜して眠れたのは20分×7回でアリナミン呑んでがんばってみたが・・・
DCIM1547.jpg
7日の子供たちとの茶摘みを静新が取り上げてくれた。みんなに支えられて続いている。
ありがとう。

ハサミもいいじゃん

株仕立てもノメルじゃん。

羽ありが発生。
DCIM1530.jpg

手摘み終了

手摘みによる原料収穫が終わりました。最後の50分延長は迫力がありました。
DCIM1520.jpg

機械による収穫本格化

品評会出品茶をつくろう。

雨も上がってつゆもない。出品茶製造中。
DCIM1536.jpg
こんなんでいいのかな?

4日間の「新茶を楽しむ会」も無事終了。参加者も多くこれからなのにもうへとへとがんばろう。
眠いなぁ。

「霧の露」生葉収穫

霧の露の原料となる生葉の収穫です。
DCIM1528.jpg

精揉機まで来て形が見えてきました。
DCIM1533.jpg

味は如何なんだろう。

30分で雨

予定していた品評会雨が気になるが予定通りやろうと集まってみたが30分でノックアウト。
仕切り直し。研修で終わった。
くさらず前向きに行こう。
DCIM1484.jpg

新茶を楽しむ会

なかなかにぎやかだなぁ
こんなおかしを
DCIM1522.jpg
サプライズはミニコンサート
DCIM1524.jpg
DCIM1527.jpg

天気もよさそう

新茶を楽しもうと初めて25年ほど毎年繰り返されてきた。
暮らしのリズムになってきた。今日は天気もよさそうだ。
人口70名の山の中へ集落に倍の人が集まってくる。
このはんつきで2K体重が減った。
これからなのに・・・。
DCIM1500.jpg
常盤万作ももう終わり。

ご来賓

プロフィール

清己

Author:清己
静岡の山奥で
  茶を栽培する
小さな小さな
  ひやくしよう!

カテゴリ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR