夕立

雷様が雨粒を土産にいらっしゃいました。
アリガタヤ 20㎜の灌水量です。
DCIM1809.jpg
雨どいから流れ出した雨水に誘われて沢蟹が出てきました。
DCIM1820.jpg
もう一日あるといいお湿りになります。
スポンサーサイト

くちなしの白い花

歌の文句じゃないけれど
DCIM1786.jpg
貴方はこのはなでだれを思い浮かべるだろう。

大川中学の先生方お見えに

新任の先生方を中心に校長先生以下7名様。
地域学習が目的ということでしたので学校からプロジェクターとスクリーンを借りて
手持ちの画像を時系列に並べ見ながら解説したつもりです。
如何だったんでしょう?

写真を撮り忘れ、BGMも忘れ,ダメじゃん。はぁ➘
DCIM1800.jpg

暑いなぁ。

所用もあり久々に山を下り藁科を下ってみた。

暑い。

さっさと山へ帰ろう。
幾分山は過ごしやすい。
中学校に寄ってプロジェクターを借りて明日の準備。
おじーが傍で見ていて若いころ七間町の映画館に行ったことを思い出したようだ。
プロジェクターからの熱風も熱い。
DCIM1708.jpg


りょうぶ

日本ミツバチの大好きな花の一つだそうです。
DCIM1779.jpg
<りょうぶ>

施餓鬼会

7/25、龍珠院で施餓鬼会が行われました。
町内外から60名ほどの人々が集まり洞慶院の新住職丹羽老師を導師として読経された。
DCIM1789.jpg
参加者も焼香し、
DCIM1790.jpg
傍らでは、シャボン玉と戯れる光景も見られた。
DCIM1787.jpg
昨年まで責任役が終わってやれやれと思ったのに来年、当番と役員とが廻ってきた。

茶話会 葉月

8/1、雨が降らなければ森の縁台で涼を楽しみたいと思います。
お越しの節はお電話いただけると助かります。

DCIM1783.jpg
山百合満開になりました。イノシシが狙っています。

邪魔な雨

先日お越しいただいたお客様からこれなんて言うの?と聞かれ応えられず
子供の頃おままごとで赤まんまと言っていたそうです。
DCIM1773.jpg
オオベニタデというようです。
DCIM1784.jpg
あかまんまネーミングされたのが解りますねー

JA訪問日

月に一度請求書を配りながらやってくる。
玄関先でお茶を飲んでいただきながら雑談です。
DCIM1780.jpg
かゆいところへ手が届く仕組みらしい。
雑談だから聞き流すもいいし、本気になって汗をかく背中を見せるのもいい。
山間地の地域経済を握っている。生かすも殺すも・…。
積極的なリードマンであってほしいなぁ。
「みなさんの農協です」

県道60号の路肩は

梅雨明け奥藁科の早朝、
DCIM1776.jpg
藁科川沿いの県道60号の路肩に山百合が咲きいい雰囲気です。
DCIM1778.jpg

梅雨も明けた

梅雨明けが発表された。
日中は30度超えの真夏日、それでも明け方は20度と快適だ。

DCIM1768.jpg

生葉コンテナーのお色直し

台風の去った朝。
DCIM1769.jpg

生葉コンテナーのお色直しです。
さびを落とし、錆び止めの下塗りをし、化粧塗り見た目はきれいになった。
DCIM1770.jpg

やまゆり

庭に山百合が咲いた。
DCIM1766.jpg
近年、イノシシの活躍でその数がメッキリ減った。
今年、有志により県道沿いにその姿を見ることができるようになった。いいですねー。

ヤマゴボウ

台風11号は思いの外おとなしく雨が続く。
DCIM1700.jpg

昨日錆を落としたので錆び止め剤を下塗りしよう。

台風 よく降ります。

生葉コンテナーフレームに錆びが
 導入して10年も過ぎ設置場所が湿度が高いこともあり致し方ないのですが
何とかしておかないと大事になってからでは大変だ。
雨降り仕事に まずはさび落とし
DCIM1764.jpg

DCIM1765.jpg
さび止めを塗って、化粧して
錆び止めが無い買って来よう。

胡桃のみ

村中を歩いてこれが目についた。
DCIM1718.jpg
台風で落ちるのかなぁ。

女郎花

おみなえし間もなく開花。
DCIM1719.jpg

先日の紅茶づくりのことをNさんは・・・
Naruレポート

岩たばこ

手水鉢にmy紅茶参加の皆さんを歓迎するかのように咲きました。

DCIM1744.jpg

My紅茶を作ろう ②

萎凋作業>目標水分40%減。攪拌あり。ということで時々手を入れることに
夜中応援に来てくれたのは、
DCIM1743.jpg
夜空は満天の星空です。

12日朝、萎凋を終えて
DCIM1745.jpg
夫々の茶葉をビニール袋に入れ、萎凋した香りの確認です。
DCIM1746.jpgアンパンではありません。
夫々の香りも確認し、みんな少しずつ違っていることを確認。

揉捻作業>茶葉と茎の水分を揃える。酸化反応が始まる。
少量なのでビニール袋で休憩も取りながら2時間程揉みモミ。
DCIM1747.jpg

乾燥
棚式乾燥機100℃で15分。さらに80℃で1時間。
この間に昼食です。

出来上がりを試飲。
DCIM1750.jpg
DCIM1752.jpg
夫々微妙に違いがありますがどれが良くてどれが悪いということなく
みんな違って みんないい。         それでもわたしのがいいと思う。
DCIM1754.jpg
一杯のお茶で笑顔になれた。

自分が摘んで、揉んで作った。My紅茶を持って山を下りて行った。
お疲れ様でした。
折に触れ、時間とともに変化するお茶をお楽しみください。
きっと金額じゃない価値があるように思えます。

あっ そうだ。・・・。



My紅茶を作ろう

在来実生の畑 化学肥料と農薬を使わず 2茶の芽を使い参加体験型のイベントに仕立ててみました。
関心のある方にお集まりいただきまずは茶摘みから ウンカ、カメムシ、カマキリ、クモ、みんな生きてる。
DCIM1738.jpg
夏日となって熱中症に注意。
したがって、日よけを急きょ用意することに


DCIM1740.jpg
3時の一服。お持たせの厄除け団子と話題の冷茶で水分補給。

朝まで一晩 萎凋 満天の星空が歓迎です。寝れないなぁ。

お茶しま専科 ホイロ上げ

奥藁科でお茶を栽培する自園自製の農家の集まりで飲み会をした。
先だってちょっとお勉強もと農林事務所からHさんに情勢報告をNさんに肥料の話をしていただいた。
会員のノリは悪い。相場だからという理由で採算割れの状況。元気なんて出てこない。
数日ぶりに雨が落ちない状況。野良仕事をしたい。気もそぞろ。
それでもと集まってくれた。ありがたい。
座学を終えてそれぞれに思いのあるお茶を互評会に移った。
DCIM1733.jpg

DCIM1734.jpg
不満。悶悶。

このやり場のない気持ちをどうする。 如何したら・・・。   ?

もう そろそろ

よく雨が降ります。もうそろそろ
DCIM1715.jpg
ぎぼうし

いつも見ていただきありがとうございます。
拍手やいいね、コメント ありがとうございます。
よろしかったら今後もお付き合いください。
もう少し続けたいと思います。

世界緑茶コンテスト2015に②

出品の締め切りが迫っています。まだパッケージができていません。
シンプルに行こうか?
DCIM1730.jpg
さて、ここからどうしよう。
茶の芽の写真が欲しいなぁ。

期限は金曜着だ。

博多祇園山笠 水汲みの儀

7日生家の庭で追い山で使う水が汲まれた。自治会主催になったのでそっと見守る思いやり。
ヤブミョウガ
DCIM1706.jpg

DCIM1707.jpg

梅雨ですから

この雨の中花たちは咲いている。
DCIM1679.jpg

DCIM1698.jpg
実りは望めないだろうなぁ。

紅茶の体験 予約終了。

お蔭様で定員になりました。締め切らせていただきます。
またのお運びをお待ちしております。
DCIM1673.jpg

アイスクリームを食べたいと

対岸の山上にある大畑牧場へでかけてみた。
人影は会長さんかなぁ。牛の守のようだ。
ログハウスの前は人だかり。
若女将がにこやかに応対してくれた。
DCIM1721.jpg
搾り立て牛乳の試飲付き更にクッキーまで付いてきた。
¥350
農薬を使わず堆肥で育てたお茶がカウンターに置いてあったのでどんなものかと買ってみた。
人柄が感じられる優しい味ですねぇ。¥600
チーズやバターバリエーションをとお客の要望は多い。
がんばれ。伸びしろはある。やっただけ。 

ヤブカンゾウ

栃沢茶を育てる会で古老の品種茶を挿し木しました。機械製造は5年後の予定。
ここ数年間で製造試験を計画。
DCIM1702.jpg
慰労会での焼酎”常楽゛、ヤマメの刺身おいしゅうございました。

世界緑茶コンテスト2015に

今年静岡の茶農家は諦めの中にある。誰もどうにもできない。
さて、世界緑茶コンテストに茶レンジしてみよう。やぶ北に負けその座を追われた在来実生。
申請書を書いてみた。
DCIM1673.jpg
周回遅れの最先端となれるのか?

挿し木 2

挿し木 植物を増やすのに手軽にできる方法だ。
種と違って個体変化を起こさない。
デジタルで言うコピー&ペーストに近い。

今回は、①古老の品種
                  米沢2号m

     ②芽の動きが10日遅い     「+10」
                  DCIM1565.jpg

     ③赤い芽の     「エキサイトルビー」
                  エキサイトルビー
     ④藪北の枝変わり 「スイートイエロー」
                  DCIM1602.jpg

上手く発根してくれるだろうか?
DCIM1709.jpg
しばらくの間、朝の水かけが日課になります。

 

ご来賓

プロフィール

Author:清己
静岡の山奥で
  茶を栽培する
小さな小さな
  ひやくしよう!

カテゴリ
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR