小さな訪問者

ご両親がお友達の紹介でご来園。
縁側でお茶をお召し上がりいただきましたが、足元の刷毛が気になったようで
テーブルの茶染めをお手伝いいただいた。
DCIM2505_edited-1.jpg
そして、おやじの長~い話に庭のビリ(砂< <砂利)が気になり
ごかきでお絵かき
DCIM2504_edited-1.jpg
あそびじょうずだなぁ。
スポンサーサイト

静岡グリーンツーリズム取材

静岡市主導でグリーンツーリズムという勉強会をやっている。
担当者が熱心で背中を押していただいています。
パンフレットの取材ということで2度も雨で延期に 
俺は雨男だから ご迷惑をおかけしております。

まずは、縁側で打ち合わせ
            寒かったので紅茶であったまり
DCIM2492_edited-1.jpg
茶会のシーンを
DCIM2496_edited-1.jpg 撮影:担当N

畑へ行き、1ショット、戻ってお茶づけをサラサラ。
DCIM2498_edited-1.jpg
モデルになったお茶姫さんお疲れさまでした。

出来上がりを楽しみにしています。


春整枝の準備

茶栽培において秋整枝が大半ですが自分は春整枝に取り組んでいます。
冬の寒さが厳しいこと、春先の晩霜を避けたい。が理由。
DCIM2471_edited-1.jpg
あったかに誘われて
DCIM2472.jpg
DCIM2477_edited-1.jpg

バカは   治らない。

粗揉機のシャフト交換しました。
メーカーにお願いして作っていただきました。kiyomiスペシャルです。
前代未聞だそうで 「バカだねー」笑っている声が聞こえます。
ばかにつける薬はない。ていいますから・・・
DCIM2490_edited-1.jpg
一応部材は戻した。
調整はこれからだ。

宝くじを買ったようなものですねー。はずれかもしれません。

静岡県食学研究会へ

ご縁をいただき 食学研究会の3時にお邪魔しました。
DCIM2484_edited-1.jpg
DCIM2486_edited-1.jpg
前田教授の研究成果を拝聴。

暖かいんだよなぁ

鶯が鳴いた。
DCIM2469_edited-1.jpg
日曜日の牧之原で撮

お茶しま専科の打ち合わせ

山香一服に向けてお茶しま専科の打ち合わせ
DCIM2470_edited-1.jpg
全品入賞茶、佐藤早生,おくひかり、つゆひかりなど楽しめることに

降る 吹く 曇

春の天気は降る 吹く 曇が目まぐるしく変わる。
木の芽の膨らみに春を感じる。
DCIM2461_edited-1.jpg
だんこうばい

「山香一服」ポスター

4/3開催の「山香一服」のポスターができた。
DCIM2455_edited-1.jpg
ビラ裏は
DCIM2456_edited-1.jpg

日差しに誘われ

3時の一服にお茶と一緒に出てきたケーキのようなものに
蟻がとり付いた。
DCIM2451_edited-1.jpg
冷たい朝もあるが暖かい日差しもあるんだなぁ。

春の施肥

雨上がりから春の施肥。
畔刈りにある椿は
DCIM2454_edited-1.jpg
風止んで花落ち 
鳥啼いて山更に幽なり

カモシカ食す

この冬な間にカモシカが日向の畑に来たようで
土寄せとして植えてあったジャノヒゲを
DCIM2450_edited-1.jpg
お茶も
DCIM2448_edited-1.jpg
被害は、たいしたことないが落し物が怖い。

研修会へ

静岡市農政課主催のグリーンツーリズムの研修会へ
リスク回避を課題にグループで意見を出し合い発表。
DCIM2447_edited-1.jpg
お客様にご迷惑をかけないように。自分のために。

ソフト修正

雨降り仕事。
煎茶製造工程の設計図。機械特性を踏まえ修正。
粗揉工程の風量計算。
ここまでは温度で補正してきた。
葉打ち機は風量約1.5倍。
粗揉機は風量約-15%。
DCIM2443_edited-1.jpg
スッキリといくのかなぁ?
他も気になる。

雨音に目が覚めた。

暖かい朝です。気温15℃
よく降るなぁ。降り始めから110mm。
風も吹いて雨戸を叩きます。春の嵐です。春が進みます。
この後冷え込むだろうなぁ。
DCIM2418_edited-1.jpg
今日は、七草です。

キンカン収穫に

昨年秋からのお話で目当てのキンカン収穫に奥田氏の畑へお邪魔しました。
DCIM2427.jpg
下川原の畑でキンカンを作り始めて10年 今年で最後の収穫に
品種は、ニンポー、種の無い「ぷちまる」、清水の近藤氏による「コンタ」、
DCIM2426.jpg

目当ては、ぷちまる これでお菓子を作ろうと思っています。
3/1の茶話会をお楽しみに

栃沢子安神社春祭り

賽銭ぽろり、五穀豊穣 家内安全 あれやこれや願い事の多いこと
お供え物をしてお神酒をいただき神楽を奏上し酔っ払ってお昼寝。
DCIM2436_edited-1.jpg
わきにある津島さんと西宮さん
DCIM2430_edited-1.jpg
鰐口
DCIM2432_edited-1.jpg
安産であったお礼の腹帯
DCIM2429_edited-1.jpg
湯立ての儀
DCIM2440_edited-1.jpg
神楽奏上 茣蓙返し
DCIM2441_edited-1.jpg
弓の舞 四方へ矢が放たれる。
DCIM2442_edited-1.jpg
この矢が飛んできた今回の当番で氏子を離れるKさんに上げよう。お疲れさまでした。

お日待ち

11日 栃沢子安神社春の祭礼です。

餅を搗き、神棚へ お神酒をいただき「おこもり」へ

DCIM2420_edited-1.jpg

ろうかな?天気

お日さま見えたり、白いものが落ちたり、雨に変わったり目まぐるしい天気だ。
DCIM2372_edited-1.jpg

今日は、お日待ち春祭りの準備。

簿記講座

奥藁科お茶生産グループ「お茶しま専科」で農業簿記の講座があり
確定申告の準備にも
DCIM2424_edited-1.jpg
茶価の低迷が暗い影を

学区の資源回収

子供たちも少なくなって一昔前とは応援の仕方も少し変わった。
DCIM2421_edited-1.jpg

粗揉機のここが

製茶機械メーカーTにご縁をいただき導入13年。
何とか上手に揉みたいと試行錯誤を重ねてきたが
粗揉工程がどうにもならない。
試されているのか?
工場に行くのが嫌だ。そう思う時期もあった。
原因はどこか?
かつて使っていた高林とどこがどう違うのか?
あのお茶が作りたい。
推測の域を脱しない。
やってみなけりゃ判らない。
宝くじを買ってみよう。
メーカーに主軸をオーダー。
今月末には交換できる。
DCIM2371_edited-1.jpg

町内出役

3日、町内出役でした。
作業はブロック積み。初めての作業です。
DCIM2407_edited-1.jpg
現場監督と先輩のご指導のもと
DCIM2408_edited-1.jpg
腰が痛いです。
DCIM2409_edited-1.jpg
看板がほしいなぁ。
駐車スペースのサインも

立春

春一番の朝は、冷えてます。
DCIM2417_edited-1.jpg
まるで雪の降ったようです。
DCIM2416_edited-1.jpg
霜が降りたのですが
DCIM2410_edited-1.jpg
方や河津桜が開花です。

節分

3日、節分でした。
神様におそばとお神酒をお供えして燈明をつけて
ヒイラギと香花の枝を取り、香花を火にかざし
庭にヒイラギ香花を付けた籠を立て
目刺しを焼いて頭をを外し香花の葉で挟み竹ひごで挟んで
家の出入り口に
DCIM2413_edited-1.jpg
お神酒をいただき、お伴に目刺しとフキノトウ
DCIM2412_edited-1.jpg
「福は内、福は内。鬼は外。」

町内の出役です。

行ってみるか。

ふと思った。

急須作家をおたずねして見れないものを見していただいた。
写真も動画もいっぱい撮った。一度集めて編集して共有できないかと・・・。

常滑へ急須作家を訪ねて

1/31 常滑へ急須作家水野氏を訪ねました。
常滑の海は穏やかに磯の香りがほのかで貝殻が多いのに不思議だなぁと
DCIM2394_edited-1.jpg
海苔の養殖もされているんだなぁ。

急須の材料となる粘土 自家精製です。
あの土、この土、水溶き沈殿、乾燥。
更にブレンドして水溶き沈殿、水切り、練り込み
ここまで来て原材料が出上がる。
DCIM2396_edited-1.jpg

DCIM2398_edited-1.jpg

次は、轆轤をつかっての成形。
マジックを見るように手の中から生まれてくる。
DCIM2404_edited-1.jpg
ガラス戸表面の凹凸までわかる繊細な指先。
その卓越した技術は、一つ一つ丹念に積み重ねられけして手を抜かない。
「いい仕事してますねー」
時間がかかるのは致し方なく出来上がるのを楽しみに待っていよう。

お忙しい中お時間をいただきありがとうございました。 

ご来賓

プロフィール

清己

Author:清己
静岡の山奥で
  茶を栽培する
小さな小さな
  ひやくしよう!

カテゴリ
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR