来たよー と

写真を取り忘れたが、世界お茶まつりからツアーで足を向けていただきました。
県外の方が多かったですねー。ご縁をありがとうございます。
DCIM3295_edited-2.jpg
スポンサーサイト

雨です。

雨です。気温11度。
雨の日が続きます。
DCIM3311_edited-1.jpg
お天とうさんが恋しい。お茶まつりからのお客様がお越しになる。
あめあがってほしいなぁ。

子供のころのおやつ

お小遣いの無い時代。タダで空腹を満たすものとしてこの時季
柿、アケビ、槇の実など
DCIM3301_edited-2.jpg
まるで野鳥のように啄んでいた。懐かしい。

おっ、お、おー

いたいなぁ。腰痛を誘発してしまった。如何しよう。
DCIM3314_edited-1.jpg
夜の雨も上がり、世界お茶まつりも始まった。
DCIM3294_edited-2.jpg
三笠宮さまも逝去された。ご冥福をお祈り申し上げます。


落ち葉

このところ桜の落ち葉が増えた。
DCIM3306_edited-1.jpg
バラも咲いた。
DCIM3303_edited-1.jpg

まだ伸びる

まだ伸びています。
摘心いつにしよう?
DCIM3270_edited-1.jpg

寒ッ

気温9度。 
先日越冬に持たせたお弁当。カビてます。
DCIM3290_edited-1.jpg

庭木の剪定中普段気づかないものが見れる。
DCIM3253_edited-1.jpg
夏ミカンを食べた種から生えた枝には
DCIM3289_edited-1.jpg

ベニバナ茶の幹は

庭木の整理をしていて気づいたのですが
DCIM3234_edited-1.jpg
ベニバナ茶の花は名前の通り紅が射しているのですがその幹までもが赤心なのですねー。
DCIM3284_edited-1.jpg

林道の舗装

出役です。
DCIM3296_edited-1.jpg
路肩には、千度フッてもにが~~いセンブリが可憐な花を咲かせていました。
DCIM3298_edited-1.jpg

クルーズ?

植木の床屋として汗しています。
恵比寿講といえば熊手もあるねー
箕もあるかも
そこへパンフレットが届きました。
DCIM3286_edited-1.jpg

優雅だねー。

宵えびす

19日、宵えびす
お膳に大根と尾頭付きを お神酒、燈明を着け 
夕飯にお神酒が付いた 少しなのに酔うなぁ。

雨も上がって

快晴の空の下
DCIM3279_edited-1.jpg

畑に陽が射すと
DCIM3282_edited-1.jpg
露が霧となって立ち昇り 雲井ずるところと

思いをつないで

体調不良で離農される方から想いと一緒に機械を譲っていただいた。
自走式裾刈り機
DCIM3252_edited-1.jpg
スローでも刃が動く。危ないなぁ。
クラッチでしょう。
自動円心クラッチのカップが緩んでいました。
ボルトを締めなおして OK。
刃も砥ぎなおし、グリスアップして出動可。
作業スタッフとして活躍していただこう。

10/17 東福寺開山忌。

屋根のお手入れ

工場と納屋の屋根をペンキ塗り、ここ2日かけて1斗缶2本。
エアーを使っての吹き付け塗装。9~3時までの時間制限。
不慣れですから足腰肩腕筋肉痛。

14日、奥藁科を白龍駆ける
DCIM3258_edited-1.jpg

DCIM3260_edited-1.jpg

DCIM3261_edited-1.jpg

DCIM3262_edited-1.jpg

DCIM3263_edited-1.jpg

 ツワブキほぼ満開

黄色が映えます。
DCIM3272_edited-1.jpg

10/30の打ち合わせに担当の方がお見えに
DCIM3277_edited-1.jpg

寒ッ。

気温8.1℃ 快晴 朝寒。
も少し下がればモミジが色付く。

お茶の木に冬越しの弁当も持たせた。

自分が借地して交錯している畑の向こうに木が生えてきた。どうなるんだろう?
DCIM3276_edited-1.jpg


盗人晩

十三夜は盗人晩といい子供たちはお供え物に手を伸ばしてもいいと。
その子供たちが村から居なくなった。
月が雲に隠れながら浮いている。
活気がなくなり寂しくなる。
DCIM3266_edited-1.jpg
ホトトギスの花を真上から

秋整枝終了

秋整枝終了しました。
昨年は、炭疽病が多かったが今年はまあまあの出来に
自然仕立てを見るに夏のウンカの発生が悔やまれる。
干ばつの影響か成熟が遅れてる感じ。
DCIM3244_edited-1.jpg

朝寒

気温13℃ 寒むっ。うろこ雲。
つわぶきが咲き始めた。
DCIM3254_edited-1.jpg

炉開きが咲き始めた

お茶と椿の掛け合わせ
DCIM3271_edited-1.jpg
秋整枝奮闘中。

シュウメイキク

気温15.1℃。秋本格化
半世紀前、晴れの得意日としてオリンピックが開かれた。
満天の星空だ。
DCIM3267_edited-1.jpg
秋祭りも各町内で連日行われている。

雨音に目が

降りますねー
雨宿りかなぁ珍客です。 畑を借りるご挨拶かしら
DCIM3255_edited-1.jpg
茶ハマキ♀産卵期です。まもなく防除適期。
放任園が増えて害虫も増えていく。手取りは反比例。
益々放任園が増える悪循環。
例年この防除はしていないけど如何なんだろう?

小さい秋見つけた

モミジが赤く この葉1枚だけ何故かなぁ?
DCIM3240_edited-1.jpg

満天の星空

気温16℃快晴。満天の星空です。
DCIM3241_edited-1.jpg
小紫も色づいてきました。

茶園では、秋の整枝作業が始まり、畑の床屋さんという感じです。

北にそれ

台風が北にそれて雨が降った(30mm)という感じ。
秋が進むかなぁ。
DCIM3233_edited-1.jpg

木犀

金銀ありますが銅は耳にしません。
甘い香りが漂います。
DCIM3249_edited-1.jpg DCIM3239_edited-1.jpg

しもばしら

畔刈りに静かにたたずむ白い花
DCIM3222_edited-1.jpg
曇りがちの空。星の瞬きを見た。

茶話会 神無月と

霧の中です。
DCIM3247_edited-1.jpg
あさイチ地域の資源回収に
DCIM3248_edited-1.jpg

茶話会は自然実生の緑茶「径山」を柴栗の茶巾絞りをお伴にお楽しみいただきました。
DCIM3251_edited-1.jpgDCIM3250_edited-1.jpg
「径山」香が懐かしく感じられ、柴栗きんとんシンプルながら上品な風味で秋をかじます。贅沢です。と

カモシカ の食べ物

工場裏手のもみじ
DCIM3224_edited-1.jpg
こんなのも食べるんだ。
カモなのに手が出せない。
どしたもんじゃろの~。

ご来賓

プロフィール

清己

Author:清己
静岡の山奥で
  茶を栽培する
小さな小さな
  ひやくしよう!

カテゴリ
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR