FC2ブログ

お茶に親しむ日

31日、☽☆、21℃

月にうす雲が懸り彩雲かなぁ。?

毎月1日はお茶に親しむ日 そこで
明日は、午後1:00~
ほうじ茶 にスポットを当て
飲み比べ:やぶきたと自然実生
体験:自然実生棒焙じをつくろう
と思考しています。
ご連絡いただけると助かります。

彩雲どうやったらうまく撮れるのかなぁ?

スポンサーサイト

電気柵①

30日、☽☆、21℃

電気柵を設置することにした。
今回は、茶園向けに猪・鹿を主にお隣と一緒に大きく囲い普段の作業に邪魔にならないように考えてみた。
管理がひとしごとだ。
ヒルやダニも嫌だし作物を荒らされるのは尚のこと。
猿対策はどうしよう。
P1000394.jpg

哭いたのカモシカ?

29日、☽☆、21℃

今、哭いたのはカモシカ?
鹿とは違うなぁ?
畑の周囲を柵で囲わなくてはダメかなぁ。
いよいよ人間が柵の中へ

大きめの封書が届いた

28日、☽、22℃、夜霧かなぁ?

暑いですねーと郵便さんが封書を配達してくれた。
早速開封してみた。
jtf.jpg
9月末のジャパンティーフェスティバル2018のチラシでした。
静岡県中山間100銘茶協議会の一員として30日に参加します。

>>>>>藁科川クリーン作戦

27日、☽☆、19℃

今朝は放射冷却で涼しい。
八月最後の日曜日。秋晴れに筋雲。日中34℃
P1000389.jpg

ゴミ袋を片手に藁科川クリーン作戦へ参戦。
P1000388.jpg
台風20号の雨で増水。河原には入らないようにと指示。

夏がまだ続く

26日、☀、23℃

台風が去って事後処理。茶の芽よ無事に育っておくれ。
炎天下での薬散はしたくない。しない。
今朝に残った。大丈夫かなぁ?

まだ降るの?

25日、☁、24℃

雨降り仕事にずっとやらなきゃと思いつつ手が出なかった商品案内を書いてみた。
最近はスマホで見られる方も多いのかも修正が必要かも。
ここに書いてはいけなかったかなぁ?

いらっしゃいませ

商品案内
◆おもてなし
  ~自然仕立て 手摘み茶~

清香
山水園の最上級煎茶(品評会出品茶)園主ができるだけの愛情を注ぎ育て一心二葉で摘み取るため年に数キロしか作れない逸品です。味がまろやかになる秋十月中旬からの限定販売です。
栽培地:栃沢  品種:やぶきた
清香¥5.400/100g 10g可
清香(10g×10)和紙包み¥5、770

霧の露

 静岡茶の古里ゆえに「これぞほんやま本山」と意気込み、品評会出品園と同様に管理し、その技術をそのままに、一心三葉で一芽一芽丁寧に摘みとり、丹念に揉み上げたものです。 手間暇を惜しまず、極上をお求めやすく、霧のかかる畑に育ち心和ます露でありたいと願っています。 
栽培地:栃沢  品種:やぶきた  
霧の露@3.150-/100g
霧乃露100g和紙つつみ(右)\3,308- 10g(可)

初摘み
今年初めて摘んだお茶です。
「霧乃露」と同様に造られた期間限定品です。五月末までを販売予定としておりますが無くなり次第終了と致します。
栽培園地 富厚里 品種 やぶきた
初摘み
@3.150-/100g
初摘み100g和紙つつみ(右)\3,308- 10g(可)

◆くつろぎ          ~弧状仕立て 機械摘み~

切り培
四年に一度「中切り更新」といって樹高の調節と枝の若返りを目的に5月下旬、地上30㎝程のところまで切り戻します。その後大事に育て茎が太く、葉っぱは椿のように大きく全体に力強く元気になります。それ故にできたお茶は味の濃いものとなります。芽数が少なく収量が少ないのが難点です。栃沢ではこれを昔から「切り培」といっています。
切り培
@2,100/100g                 
100g和紙つつみ(右) ¥2,268

九十九
中切り更新二年目の元気があって芽ぞろいの良い畑で、みる芽(軟らかい、若芽、)で収穫し、即刻揉み上げたものです。みる芽香と旨みが感じられる一品です。
栃沢は、標高400m程ありますので冷涼でこのお茶が収穫されるのは、立春より数えて九十九日目頃となります。そこで、「つくも」と名づけました。       
5/17ごろ
九十九
@1,575/100g         100g和紙つつみ(右) \1,654- 

松風 沢山の親葉を付けた茶樹から生まれ育った健やかな芽を、いいお茶を作る基本としての「みっぱがけ」(一心三葉)で摘みとり、これを素材を損なわない様丹念に揉み上げる。そうすると松葉のように濃緑で艶があってピンとなる。それを太さ、長さを揃え今一度乾燥することで香味が醸し出される。山の香りが風となって感じられる上品な一品です。
5/20ごろ
松風
@1,050/100g
100g和紙つつみ(右) \1,103-

◆だんらん

葉々

天恵を充分に吸収して育った茶の芽を原料に、蒸度を少し進めて扱いやすく仕上げました。
5/25ごろ
葉々
@525 /100g     

くき茶

「ようよ�葉々」などを仕上げる際、取り除かれた茎を香りよく仕上げました。
5/31ごろ
くきちゃ
@525/100g

◆ あらかると

おくゆたか
品種:おくゆたか
普通煎茶 甘みと上品な香りが特徴。栽培希少。
おくゆたか¥1,080/50g


手炒り焙じ
品種:やぶきた
仕上げ調整を行った際、仕分けられた茶葉を手炒りで仕上げてみました。
焙じ¥300/50g

自然実生天然ブレンド<在来>
三種   農薬不使用。
古来より種でそのDNAをつないできた茶葉です。その源流をたどると径山に
 緑茶 径山
径山
¥500/50g

 紅茶KINZAN1st
生葉を萎凋させ紅茶として
紅茶 KINZAN
¥570/50g

 手炒りほうじ きんざん
常茶としてかる~いおいしさ
きんざんほうじ
¥300/50g

基本商品を掲載しました。
ご進物の包装等・地方発送ご指示いただければと存じます。
・残留農薬定量限界値以下。環境ホルモン等考慮して選択使用。
・畑に防霜を兼ねた棚施設を整備。
・お支払いは、郵便振替でお願いいたしております。

まずはご連絡くださいませ。 
tel 054-291-2219 内野
fax 0120-129-418
e-mail sansuien-kiyomi@hop.ocn.ne.jp

よく降るなぁ

24日、☂、24℃、180mm

台風20号。昨夜からよく降ります。
P1000385.jpg
お局さんのマジナイ 風切り鎌

残暑

23日、☁、20℃

うっスラと朝焼け雨降るんだろうなぁ
秋海棠
草取りしておこう

蒸し暑かー

22日、☂、22℃

20日の夕方から空気一転。蒸し暑さが戻ってきた。
気温28でも暑い。
台風の余波かなぁ?週末雨台風がやってくる。

しゃっぽうぎく

21日、小雨、22℃

こんなところに百日草。
chou.jpg
このちょうの名前は?
ベニシジミかなぁ?

氏神様の役員として

20日、☁、18℃

神社の掃除役員が回ってきた。
先日のお掃除に続き、神社総代会大川分会総会に召集された。
午後からの会合なのにお弁当付?なごり?
お茶とお菓子でいいんじゃないかなぁ
P1000368.jpg

涼しいなぁ

19日、☀、15℃

空気感が全く違うなぁ。秋だなぁ。
あれもこれも準備しなきゃ
Nさんからの1ショット。
39569930_2148269095445433_5485528249016516608_n.jpg

>>>>>涼しいなぁ

18日、☀、17℃

夜中に寒くて目が覚めた。毛布を引き出して

トンボが飛び込んで来て、何ヤンマかなぁ?
トンボ

彼女とランデブーしておいで

盆も送った。

17日、☀、21℃

降ったり止んだり、草取りして大根播こうかな

虫たちの泣き声が

16日、☁、23℃

虫たちの泣き声がにぎやかになってきた。
コオロギが顔を出した。
P1000351.jpg

朝焼けと虹

15日、☁、21℃

朝やけと虹が見られました。もう一雨あるのかなぁ?

>>>>> 雷雨

14日、☁、22℃、23mm

雷雨です。雷さん怖い。そう遠くないところへ落ちたかな?
雨はありがたい。
じぶんの耕作している畑に2時間ほどで350tの灌水をした計算になる。
お茶の木も息をするだろう。
大人が迎え火と称し素人の火遊びをする。
その防火とご先祖さんのご帰宅にうちみずをしてくれたとも考えられる。
南無南無
迎え火を焚こう
雷雨後

お盆の準備

13日、☂、23℃

新竹を探して竹を取り[これがなかなか無い)、花立に作り、香花・男郎花・みそはぎ・百日草などさして
墓に立てる。
仏壇の前もきゅうりの馬などなにかと華やかに
Mさんが訪ねてくれて缶ビールを傾けた。
爺さんの雷が落ちた。何なんだ。
撤収にしたが後味が悪い。Mさんごめんね
爺さん何が気に入らぬ?

お盆近づく

12日、☁、22℃

夕立あったけど まとまった雨量には程遠く しっかりと降ってほしいなぁ。
鹿の子ゆりも咲いてた。

点滴

11日、☆、22℃

☂ほしいなぁ。
あの畑はずっと点滴。
P1000302.jpg

暑いですねー

10日、☽☆、21℃

台風一過のフェーン現象でしょうか?34℃?怪しいなぁ。
アブもやって来た。
P1000338.jpg

フォトブックwo残暑見舞いに
P1000341.jpg

フォトブック

9日、☽☆、22℃

郵便で見慣れないものが届いた。
P1000334.jpg
最近流行のふぉとぶっく。
写真アルバムです。
My紅茶をつくろうのスナップ写真がアルバムになった。
あの日、むちゅになってた素顔が見える。
P1000336.jpg

月遅れの七夕

8日、☽☆、21℃

月遅れの七夕。
里芋の葉の露を集め、硯で墨を磨り短冊に
露
霧の中に七夕飾り
P1000331.jpg

お茶まつり実行委員会

7日、霧、24℃

15回お茶まつり実行委員会初会合へ
P1000328.jpg

award出品調整

6日、☁、24℃

日本茶アワードに出品予定のほうじ茶を調整しました。
結果はわかり次第。

日ごと暑さが蓄積していくように思えます。
今日は日程が朝、昼、晩

来たねー

5日、☁、24℃

夕立は、お休み。川根に呼ばれたみたい。?
呼んだわけではないが やってきた。
キリギリス

夕立

4日、薄曇り、23℃

雷鳴とともに夕立ちがやってきた、一気に5度ほど気温が下がったけど
炭素病の発病が気になるなぁ
夕立の後
その後、夕焼け

蒸し暑い

3日、薄曇り、23℃

昨日も雷鳴のみ、蒸しますねー。
夏水仙

ご来賓

プロフィール

清己

Author:清己
静岡の山奥で
  茶を栽培する
小さな小さな
  ひやくしよう!

カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR