FC2ブログ

新春茶席

暮れに栃沢茶を育てる会で「百福」東福寺さんに除夜の鐘を撞いた後で配っていただきました。
そのお礼として管長様の色紙が届きましたのでメンバーが集まって披露となりました。


                                            色紙
朱塗りの膳に景徳鎮の啜り茶碗
お菓子は、庵原やさんの紅白最中
一煎目から順次 甘 渋 苦 淡と進み
ふたを杯とし、お神酒をいただき、

茶殻を今一度湯くぐりさせて
これにひめ柚子の三杯酢を掛けてお浸しとし摘みながら茶葉までいただく。
橋置きに千両のつまもの。何とも風流だ。

これはなんと読むの、意味は?
禅語辞典を引っ張り出して
ふ~ん。わかった様な わからん。

何方か。解り易く説いてくださいませんか?

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ご来賓

プロフィール

清己

Author:清己
静岡の山奥で
  茶を栽培する
小さな小さな
  ひやくしよう!

カテゴリ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR